読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風呂ソムリエ

青木祐子さんの『風呂ソムリエ/天天コーポレーション入浴剤開発室(集英社オレンジ文庫)』を読んだ。サブタイトルの『天天コーポレーション』という化粧品や入浴剤などを販売している会社が舞台の話でそこで働く社員の仕事の葛藤や恋愛がおもしろく描かれている。全部で3話の短編集で話ごとに主人公が変わっていく。

ネタバレ注意です。

〈それは恋するピンクの湯〉では天天コーポレーション研究所の受付で働くゆいみが主人公だった。ゆいみはI市さくらら市で一人暮らしをしている。一番の趣味は入浴で毎週末にスーパー銭湯『藍の湯』に通っている。常連になってそこで知り合いができるほどだ。私は温泉が好きだけれどあまりスーパー銭湯には行かないので、ものすごくスーパー銭湯を詳しく描いていておもしろいと思った。その『藍の湯』の中に天天コーポレーションが開発した入浴剤を試せる湯があって、それが日替わりで『ピーナッツの湯』だったり『メロンの湯』だったり『苺の湯』だったりするのだけれど、その『苺の湯』の日にたまたまその場にいた鏡美月に会う。鏡美月が天天コーポレーションの開発室の社員でまさに入浴剤研究の担当だった為ゆいみと仲良くなる。この美月がかわいい。まさに理系の女子という感じで美人なのに女の子らしいところがなくて(かわいいメジャーなキャラクターよりガラッパという河童が好き)、『恋する入浴剤』を開発したいのに女子の気持ちが分からず、受付嬢でかわいいゆいみに開発の手助けを頼んだりする。それもおもしろい。

ゆいみは派遣社員の受付なのに大好きな入浴剤の開発の補助に抜擢されるのだけど、実際はあまりない(契約上職務内容の縛りが多分あるはず)ことなので夢があっていいなと思った。そしてその研究員である美月に目をかける本社の営業部課長であり天天コーポレーションの御曹司の円城格馬が開発室にいつも出入りしていて上下関係なく接している。しかも研究のために風呂にも入るような裸の付き合いだ。(美月はちなみにいつも白衣の下に水着を着用している)これも普通はあんまりない。だからフィクションとしてはすごくおもしろい。

〈薔薇の香りで絵を描く〉では美月目線の話で薔薇の入浴剤を開発するにあたっての調香について主に描いていて、香りに興味があるのでこんな仕事もいいなあと思った。そして、美月と格馬の恋愛についてもすこし触れていて恋愛小説としても楽しめる。

〈幻の温泉を求めて〉では美月、格馬、ゆいみの三人の目線で、美月と格馬の出会い(天指桃源温泉で出会う)やゆいみの元彼の高志との恋愛が主な内容で、美月が一番やりたかった仕事などについての内容で、前2話での謎が全部分かるようになっている。
すごく読みやすくてすっかり青木祐子さんのファンになってしまったのだけれど、どうやら『これは経費で落ちません/経理部の森若さん(集英社オレンジ文庫)』の姉妹編だったようなのでこちらも読んでみたいと思った。

 

 

日替わりメニューでスープカレーが食べられる洋食屋さん

どうしてもスープカレーが食べたかったので、枚方市樟葉にある『カフェレストラン きたら』にランチに行ってきた。

f:id:mieeechan:20170528170322j:image

カレーは大好きで専門店にはよく行くけれど、実はスープカレーを食べるのは初めてだった。
内装はとても落ち着いていて、ベニスの風景を描いた絵画がたくさん飾ってあった。

f:id:mieeechan:20170528170357j:image

ご近所の絵の先生の作品のようですごくきれいだった。

あとは猫の置物がたくさん置いてあってかわいかった。近くに猫カフェがあったりするのでなんだか統一感があった。
f:id:mieeechan:20170528170429j:imagef:id:mieeechan:20170528171043j:image

この『カフェレストランきたら』はカフェレストランというぐらいなのでとくにカレーの専門店ではない。ハンバーグやオムライス、コロッケ、パスタなど洋食メニューの種類が豊富なのに加え、カレーの具や辛さを選ぶことができて食欲をそそる。
スープカレーを目指してきたので一番人気の〈スープカレーランチセット(税込1188円)〉を注文してみた。

f:id:mieeechan:20170528170510j:image

メインのカレーに二種類のご飯(白米、赤米)、サラダにデザート、ドリンクがつくのでかなりお得だと思う。
カレーにはナス、パプリカ、ブロッコリー、ジャガイモ、ズッキーニがゴロッと入っていて見た目がきれいだった。

f:id:mieeechan:20170528170550j:image

野菜好きなのでうれしい。そしてその下には大きなエビのクリームコロッケがかくれている。普段はサクサク感を重視する方なのだけれど、衣がスープに合っているせいか、これはおいしかった。クリーミーで中のエビはプリプリでおいしかった。(次はこれをメインにしたセットも食べてみたい)
f:id:mieeechan:20170528170747j:image

そして一番肝心なスープはと言えば、思ったより辛くなかった。次は辛さを増せるメニューに挑戦してもいいなあ。でも味はよかった。二種類のご飯に合っていた(食べ方がよく分からなかったけれど、ごはんをスープに浸けて食べるらしいですね)。
お箸とスプーンを巧みに使って食べないといけないので若干忙しいけれどそれが楽しかった。サラダは鶏のささみの入ったサラダでドレッシングが和風でおいしかった。そして、デザートが多い!

f:id:mieeechan:20170528170836j:image

すいかと抹茶のシフォンケーキでおなかいっぱいになった(ちなみにドリンクはアイスティーを選びました)。もちろんおいしかった。
樟葉に行く時はまた寄ってみようと思う。

Matterhorn

映画『孤独のススメ/Matterhorn(2016年公開)』を観た。オランダ映画で監督はディーデリク・エビンゲでこの作品が監督デビュー作にしてロッテルダム国際映画祭やモスクワ国際映画祭SKIPシティ国際Dシネマ映画祭などで数々の賞を受賞している実力派だ。

ネタバレ注意です。

舞台はオランダの町の名前は分からないが田舎町だ。俳優さんは誰一人知らなかった。主役のフレッドを演じたトン・カスは上品なのにすごいインパクトがあった。そのフレッドという人物は事故で妻を失い一人暮らしをする限りなく孤独な男でそこにふらりと謎の男テオが現れる。このテオを演じたロネ・ファント・ホフがトン・カスのインパクトを越えてくる。行動が謎過ぎてかわいくてしかたなくなる。映画を観てる方がそう思うのだから登場人物もそういう気持ちになるのは仕方がない。住所不定らしき男をフレッドは家に住まわせ始める。

フレッドはもともと熱心なキリスト教徒で音楽はもっぱらクラシックを聴き、家にあるレコード(家にある電化製品がすべて古い)バッハしかなくて、食事の時には必ず神に祈りを捧げ決まった時間に食べる。家の中でもきれいな格好してとにかく几帳面で自分にも他人にも厳しいが優しいところがあって、最初はテオに理由があって怒っていたのだけれど、困っているように見えて追い出せなくなり一緒に住み始める。一方テオはほとんどしゃべらなくて会話が成り立たないので作品の途中までどんな人かは分からない(動物のマネが上手いというところと素直だというところぐらいしか分からない)。

原題『Matterhorn』というのはスイスのマッターホルン山のことでフレッドが奥さんと登った思い出の場所でまた行きたいと思っている。話が進むにつれてフレッドがなぜ一人なのか写真の息子はどうしたのかとか、近所に住む友人カンプス(ポーギー・フランセン)との関係性、そしてテオの素性など細かいところが分かってくる。

のんびりした景色や挿入曲が美しくて、ときに切なくなってよく自分でもよく分からないところで涙した。LGBT映画祭でも受賞している作品でもあるのでさりげなく問題提起してある。一見コミカルなのだけれど、いろいろ考えさせられた。

 

孤独のススメ [DVD]

孤独のススメ [DVD]

 

 

マジカル・ガール

映画『マジカル・ガール(2016年公開)』を観た。スペイン映画だった。監督はカルロス・ベルムトでこの作品でサンセバスチャン国際映画祭でグランプリと監督賞を受賞している。私はこの監督は知らなかったのだけれど、園子温監督が絶賛している(ようです。)だけあってかなり個性的な作品で日本の文化が好きなのかな?と思わせるような内容だった。

登場人物は数えるぐらいしか出てこないのだけれど、誰が一体主役か分からないような作り方をしていて、中心というか話の発端になるのは重い白血病を患う少女でこの少女の為に父親が何かしてあげられることはないかと行動を起こすことで巡り巡って関わった人に悲劇が起きるというサスペンスだった。タイトルがかわいいので、悲劇といっても想像つくぐらいのものかと思っていたらそうでもない、想像以上のことが起こる。

ネタバレ注意です。

白血病の少女アリシアは日本のアニメ『魔法少女ユキコ』の大ファン、アニソンやコスプレが大好きでそれをこころのより所にしている。ある日、家で倒れる。父親のルイスはアリシアの余命が短いことを知り、何かしてあげられることはないか考える。そして3つの願いが書かれたアリシアの秘密のノートを見てしまう。一つ目は〈誰にでも変身できるようになりたい〉、二つ目は〈有名デザイナーがデザインした魔法少女ユキコのドレスの絵〉、三つ目は〈13歳になる〉と書かれている。その願いがかわいくて心がしめつけられた。ルイスはこの中から二つ目の願いを選択する。ネットで『魔法少女ユキコ』のドレスを検索するとなんと7000ユーロ、日本円で90万円というとんでもない金額なのだけれど買うことに決める。

お金持ちであればありえるのだけれど、ルイスは無職で生活にそもそも困っていて、父子家庭で相談相手がいないので思い詰めてしまい、少ない知り合いにお金を借りようとしたり、それが無理でついに宝石店に強盗に入ろうかと考えていた矢先に医師を夫に持つセレブなバルバラに出会い、関係を持ってしまう。そのバルバラも訳ありでかなり情緒不安定で夫婦関係があまりよくない。そんなバルバラの弱さにルイスがつけ込みなんと関係を持ったことを脅迫してドレス代をせしめようとする。夫に相談できないバルバラは自力でお金をつくろうとするのだけれど、この方法があまりというかかなりよろしくない。これこそ、負の連鎖!だと思ってしまった。最後になってあれ?っと気づくのだけれど、登場人物はみんな一応相談相手がいるのだけれど一番肝心な人には話をしないので、見終わってから謎に感じることがたくさん出てくると思うので、その辺は是非作品で観て推理して欲しい。いい意味で違和感たっぷりなので。

 

マジカル・ガール [Blu-ray]

マジカル・ガール [Blu-ray]

 

 

グランド・イリュージョン

映画『グランド・イリュージョン/見破られたトリック(2016公開)』を観た。アメリカ映画でどうやら原題『Now You See Me』のパート2だったようで知らずに観てしまった。それにも気付かないほどすんなり観られた。監督はジョン・M・チュウで『ジャスティン・ビーバー ネバー・セイ・ネバー』などの作品があるようだ。出演者はジェシー・アイゼン・バーグ、ダニエル・ラドクリフなど若手の人気俳優やモーガン・フリーマンマイケル・ケインウディ・ハレルソン、マーク・ラファエロなどの実力派まで誰が主役なのか分からないほど豪華だった。

ネタバレ注意です。

タイトルにあるように5人のイリュージョン集団が大活躍する話だった。そしてそのイリュージョン集団がねずみ小僧的な〈正義の犯罪集団〉で汚れたお金だけを盗むのだけれど、その5人が世界屈指のマジシャンでパフォーマンスが派手でとにかく目立つ方法で大勢の前で仕事をする。その5人は〈ホースメン〉と呼ばれていて人気がある。
1年ほどなにもしていなかったがある日、秘密結社から指示を受ける。『octa』社の近日発売予定の新型スマホ『octa8』には裏があり利用者の個人情報流出が目的なのでそれを阻止するというミッションで、発表会を乗っ取り悪事を暴こうとする。そこで、謎の天敵が現れて逆に〈ホースメン〉の秘密を暴かれそうになる。そこから、謎の敵の懐に飛び込むがごとくNYから中国へ行ったりするのだけれど、その方法がまさにイリュージョン!アクションのシーンも多くて、それもマジシャンのテクニックを駆使しているので見応えがある。
アメリカのマジックは脱出系や飛行機を消したりするような大規模なものが目立つけれど、そういうのも出てくるのでそれも見所の一つだ。もちろんカードマジックみたいなのを使った演技もかっこいい。

一番目立つのはやっぱりモーガン・フリーマンで警官とかの役が似合いそうなのに今回は囚人という役どころだった。モーガン・フリーマンは何をやってもモーガン・フリーマンでよく話にとけ込んでいてすごいと思った。『Now You See Me』の1がどんな話だったかは分からないけれど、今回はマーク・ラファエロが演じたFBIの捜査官でありながら〈ホースメン〉であるディラン・ローズの有名なマジシャンだった父親モーガン・フリーマンが演じる元トリック見破り人のサディアス・ブラッドベリーと知り合いというところから話が広がりを見せる。気になるので前作も観てみたいと思う。

 

 

帰ってきたヒトラー

映画『帰ってきたヒトラー(2015公開)』を観た。ドイツの映画でヒトラーとはアドルフ・ヒトラーのことだ。監督はデヴィッド・ヴェンドで私は知らなかった。出ている俳優さんも監督の意向であえてあまり知られていない俳優さんをヒトラー役に選んでいるようで主演のオリバー・マスッチのことは見たことがなかったがヒトラーになりきった役作りをしていたと思う。ヒトラー自身が書いた『ヒトラー第二の書~自身が刊行を禁じた「続・わが闘争」』を読みジャーナリストのティムール・ヴェルメシュがこのストーリーを思いついて書いた同名小説が原作だ。ベストセラーなので日本でも舞台になっていたように思う。

ネタバレ注意です。

ヒトラーが現代にタイムスリップしたら?という斬新な内容だった。最初に地上に現れて、自分自身が生きていることに驚き、異変に気づき、今何年かを知りたいと周囲の人に話かけるも、軍服姿のヒトラーのコスプレに見えてしまい避けられてしまう場面はちょっと笑ってしまうかもしれない。露店で倒れて、そこにかくまってもらい売り物の新聞をただで読み何とか現代の世界情勢を読みとるところはさすが総統!と思ってしまう。周囲の人は本人を意識したそっくりさんだと思われるのでどの言動もあたたかい目で見られる。

ある日、テレビ局でリストラにあったファビアン・サヴァツキに声をかけられる。ヒトラーのそっくりさんとドイツを巡る番組を制作してもう一度雇ってもらおうと考えて、行動をともにし始めるのだけれど、ヒトラーが思っている独裁的なイメージと全然ちがってちょっとチャーミングに見える。テレビに出演するためにテレビ番組を勉強の為に見るのだけれど、なぜ料理が番組になるのか不思議に思ったり、品のない番組に真剣に怒ったりする。そしていろんな番組を見た結果、やっぱりこれからは政治がくると思って全土の国民に不満などを聞いて参考にしたりアドバイスしたり励ましたりするのだけれど、インタビューされる人も反感を持たれそうな外見のヒトラーに対してだいたいの人は友好的でその様子がかわいかった。

結果的にネットで話題になり、テレビ出演を果たし、最初に出演した「クラス・アルター」でさらに人気に拍車がかかる。この「クラス・アルター」は架空の番組なのだけれどその他の番組はドイツで実際にある番組が出てくるので注目だ。ヒトラーは政治家としては歴史に残るほどの人物なので、政党についてはすごくきびしくてネオナチ系極右といわれるNPDに対して期待感からかキツくあたるシーンがあって笑うに笑えなかった。ちなみに一押しだと言っているのがエコロジー政党の『緑の党』でちょっと意外でおもしろかった。原作とはちょっと違う点があってこの『帰ってきたヒトラー』をヒトラーが書いたことになったりしていてとにかくヒトラーが現代で大活躍する。ヒトラーはいつどこにいてもヒトラーなのでどうなっていくのか最後まで分からない。奇想天外でおもしろかった。

 

 

ウサギの天使が呼んでいる

青柳碧人さんの『ウサギの天使が呼んでいる/ほしがり探偵ユリオ(創元推理文庫)』を読んだ。
「誰のゾンビ?」「デメニギスは見ていた」「ウサギの天使が呼んでいる」「琥珀の心臓を盗ったのは」「顔ハメ看板の夕べ」の5作品からなる短編集だった。

ネタバレ注意です。

サブタイトルの『ほしがり探偵ユリオ』は主人公のことで〈その謎即刻解決します ただし『お宝』をくれるなら〉と本の帯にあったのでかなり興味を持ってしまい購入した。
主人公の深町ユリオの本業はフリーライターで副業として《ほしがり堂》というサイトを経営している。その《ほしがり堂》というのがマニアでないとなかなかほしがらないもの(作品中ではガラクタと表現している)を方々で集めて、ほしがっている人に適切な値段で売ることを生業としている仕事だ。そしてそのガラクタを集めに行く場所で偶然事件が起こり、そのガラクタの買い取りのために、事件解決をする。これがすごく新しい。

「誰のゾンビ?」では知り合いが経営する〈スーザンズ・ヘル〉という怪奇居酒屋で「ナイト・オブ・ザ・デッド・リビング」というゾンビイベントが行われていてそこにドラキュラの棺桶の買い取りに行くのだけれど、たまたま死人が出てそれを解決する。
デメニギスは見ていた」では〈SUGIアートミュージアム〉の「田」の字形に積まれたスケルト・ンキューブの展示場で殺人事件が起こり事件解決に関わることでゴム製のブロブフィッシュ(オーストラリア産で体のほとんどがゼラチン質)という珍しい魚のサンプルを得る。

大体、ユリオの副業に関した事件が多いのだけれど、「ウサギの天使が呼んでいる」では本業のライターの仕事をしていて事件に巻き込まれる。ここで初めてユリオの仕事の傾向が分かるのだけれど、それが《未解決誘拐事件・決定版》とか《突撃!となりのゴミ屋敷》だったりしてすごく興味をそそられてしまう。そして《突撃!となりのゴミ屋敷》の第二弾で訪れた家が普通のゴミ屋敷ではなく、ユリオからしてみれば宝の山で、昭和の電化製品がたくさん並んだむしろ展示場に見えてその中のものを収集したくなり詳しく調べるところがすごくおもしろかった。昭和を代表するような炊飯器の中から千枚はあるSuicaが出てきたり、最古といわれる電子レンジの中から動物のクッキーの型抜が出てきたりしてまるで自分もそこにいるような気分になってしまう。タイトルの『ウサギの天使』はゴミ屋敷にあるクリスマスツリーに掛かっている人形のことだ。

琥珀の心臓を盗ったのは」では立川ふくふく園という老人ホームに〈オルメカ文明の巨石人頭像の形のジュースサーバー〉を売りに行き、テディベア切り裂き事件に遭遇し「顔ハメ看板の夕べ」ではタイトルどおり「顔ハメ看板」を箱根に住む「顔ハメ大王」と呼ばれるマニアな客に売りに行き死体に遭遇する。
その偶然ありそうでそうそうない事件との遭遇の仕方や妹のさくらとのやり取りがすごくおもしろいので最後まで一気に楽しんで読めた。登場人物をよく観察して推理するような感じで文章もすごく読みやすかった。
青柳さんの他の作品(『浜村渚の事件ノート』など)も探してみようと思う。