夏休みの読書感想文を思い出すような推理小説

麻耶雄嵩さんの『神様ゲーム講談社文庫)』を読んだ。麻耶さんといえば『貴族探偵』が思い出される。ドラマ化もされていて人気の作家さんなんだなというイメージがある。ドラマもちょこちょこ観たけれどすごく個性が強いなと感じた。私は麻耶さんの小説を読むのはこれが初めてだった。推理小説はかなり好きだけれど、けっこう読んだことがない作家さんが多いのでマニアではない。今回は綾辻行人さんの「この事件の恐るべき真相をあなたは正しく理解できるか!?」という帯のコメントに惹かれて購入した。正しくない理解をしてしまうこともあるのかが特に気になった。

ネタバレ注意です。

舞台は神降市という町で10才の小学生の芳雄が主人公だった。地名を知らないのでどこかをイメージした架空の町のようだけれど、都会から越してきた友人がいると書かれたところもあったので少し田舎の町なのだろうか?そしてこの少し田舎の町には怖い事件が起こっている。それが『猫連続殺人事件』で芳雄が密かに好意を寄せるミチルちゃんがかわいがっていた野良の〈ハイジ〉が犠牲になり、犯人逮捕にのりだすという話だった。そして、芳男は秘密結社の少年探偵団のメンバーだったり、ヒーロー物のダビレンジャーが好きだったりするところは子供向けの小説かと思わせるけれど、ニュースになるようなありうる事件が題材になっていて、少し背伸びして読んだ小学生の頃の読書感想文用の本を思い出した。

登場人物はほとんど子供なのだけれど、一番印象的なのは芳雄と掃除当番で組んでいる鈴木くんだ。トイレ(掃除場所)で一番話す友人という変わった関係だ。そして鈴木くんは自分を「全知全能の神」でなんでも分かるという。それを芳雄は最初はおもしろがってゲームと思って質問責めをする。いかにもこどもらしくてかわいいと思って読んでいたけれど、事件に絡んだ質問をしてそれが冗談ではなくちょっと的をえていたりすると一気に怖くなる。最初と最後でここまで印象がかわる作品は珍しいと思う。最後まで読むと綾辻さんのコメントがすごく響いてきた。正しく理解できたか不安になって、最後の方を何度か読み直したりした。細かいことがすごく気になる人は悩むかもしれない。そもそも神様が同じ学校にいて同じ目線で話してくれるのだろうか?とか神様は全知全能なのだろうか?とかそこまで考え始めると話がひっくりかえるかもしれないなとかいろいろ考えてこんがらがってしまった。

貴族探偵』も(ドラマでちょこっとしか観てないけれど)主人公の貴族様はあまり口出しせず周囲の人が推理していたように思う。そして貴族様は何者かなかなかわからなかった。この神の鈴木くんも根拠を訪ねると、「神だから」としか説明がないところやクラスメートがだれも鈴木くんの連絡先を知らないところがちょっと似ている。実はこの不思議感が感想文にすごく合う、書きやすいと感じたから夏休みの読書感想文を思い出したのかもしれない。

 

神様ゲーム (講談社文庫)

神様ゲーム (講談社文庫)

 

 

地元の商店街とPV

久しぶりに実家に帰ってきた。高知は京都とはまた別の暑さを感じる。太陽でじりじりと焼き付けられるような暑さだったことを思い出した。
帰ると必ず同じようなところに買い物に行く。今回も一番買い物がしやすい〈帯や町商店街〉をぶらぶらしてきた。

f:id:mieeechan:20170819232105j:image

商店街にたどり着くと、何やら撮影らしきものをしていて少し人だかりができていた。のぞいてみるとよさこい踊りをすごく上手い歌の伴奏で踊っていた。しかも人気の踊り子隊の『ほにや』さんで曲は一青窈さんの『七変化』のようだった。よくよく見ると一青窈さんも先頭にいらして、どうもPV撮影のような感じだった。f:id:mieeechan:20170819225721j:image

一青窈さんをまじかで見るのは初めてだったけれどかわいい!そしてまさかの〈ほにや〉とのコラボ、感動した!よさこい祭りの時期に帰れなかったけれど、これで私はもう満足した。

朝から昼頃まで、わけあって水しか飲んでなくて何か食べて帰ろうと良さげなお店を探しているとおしゃれなパンとコーヒーの店『Pipeau』を発見。

f:id:mieeechan:20170819225938j:image

f:id:mieeechan:20170819230042j:image

金光堂書店とスタバの奥にあってちょっと陰がうすいので、今まで気づかなかったけれど一昨年からあるようでパン好きの自分としてはリサーチ不足だったと思う。
店内は高知であることを忘れるようなNYのアトリエっぽい感じでいごこちがよかった。

f:id:mieeechan:20170819230139j:image

f:id:mieeechan:20170819230219j:image

席数は少ないけれどイートインできて置いてあるパンはもちろんパフェなどのデザート類、ランチメニューが充実していた。

まるで宝石でも扱うように丁寧に並べられたパンがおいしそうだったので今回は『高知県産野菜ピザ』とお店の方に薦めていただいた『ブルーベリークロワッサン』そしてアイスコーヒーを注文した。
f:id:mieeechan:20170819230317j:image

f:id:mieeechan:20170819230411j:image

f:id:mieeechan:20170819230504j:image

f:id:mieeechan:20170819230551j:image

ピザの生地はふわふわとカリカリの食感が楽しめる。そして野菜が多い。タマネギが好きなのでよくパンやさんでは入ったものを選ぶけれどパプリカやピーマン、カボチャが一緒にのっかったものは初めてだったので新鮮だった。
そしてクロワッサンもなかなかの味だった。クロワッサンにはうるさい方だけれど、ブルーベリーの果実がごろごろはいっていてさわやかな甘さはすごく気に入ってしまった。
ここはコーヒーの店でもあるので当然かも知れないが、すっごくおいしかった。特に種類が多いわけではない。ホット、アイス、エスプレッソぐらいだったと思う。苦みが強くで重い感じが自分にぴったりあって、アイスのあとホットコーヒーも飲んでしまった。

f:id:mieeechan:20170819230636j:image

私だったらいつも混み混みのスタバよりこっちのコーヒーを飲みに来てしまうかも。

帰りに『paper message』というお店に寄った。

f:id:mieeechan:20170819230723j:image

f:id:mieeechan:20170819230759j:image

前はこの場所には輸入雑貨のお店があったように思う。今は便せんや絵はがき、包装紙などの紙専門店になっていた。期間限定で〈うちの猫博〉を開催中で猫をデザインした特別スペースが設けられていて見るのが楽しかった。f:id:mieeechan:20170819231001j:image

f:id:mieeechan:20170819231133j:image

f:id:mieeechan:20170819231039j:image

f:id:mieeechan:20170819231108j:image

f:id:mieeechan:20170819231216j:image

ついメッセージカードを買ってしまった。使うのがもったいないかわいらしさでどうしよう・・。
f:id:mieeechan:20170819231243j:image

あと数日しかいないのだけれど、もう少し地元を楽しみたいと思う。

ゲノムの国の恋人

瀬川深さんの『ゲノムの国の恋人(小学館文庫)』を読んだ。瀬川さんの作品を読むのは初めてだった。小説家であり医師でもある多才な人だということもさっき知った。でも内容を見ればお医者さんだろうなということがよく分かる。実はかなり前から持っていて、自分にはちょっと難しくて途中でリタイヤした小説でもある。急に思い出して読んだらおもしろくて一気に読み終えてしまった。

ネタバレ注意です。

ジャンルでいうとファンタジーになるのだろうか?主人公はタナカという日本人だけれど日本はほとんどでてこない。タナカの職業は〈ジェノバイロテージ〉という会社でヒトの遺伝情報解析の研究をしていてとくにゲノムに潜む病気の素因を探るようなことが専門の研究員だけれど待遇があまり良くなくて転職も少し考えていた。そんな時、カルフォルニアの学会でプレゼンしているときに謎のカネダという男から声をかけられ、ある国でDNAに関する研究をしてみないかと誘われる話だった。研究の予算も億単位で報酬もかなり多い。いい話でタナカはその話に乗ることになる。その国については一切記述がないのでよけい読者に想像させる。アジアで軍事国家で・・・。そこでの仕事は今までの経験を生かして国家の最高元首の花嫁探しをする為の資料づくりで7人の候補者から一番心身ともに相性がいい人物を探すというかなり変わった仕事だった。いくらお給料が良くてVIP待遇でも個人情報中の個人情報でしかも国家機密に関わる仕事はこわいなあと思った。でもアンジーも自分の遺伝子を調べたことがニュースになっていたし最近の医学はそれぐらい進んでいるもかもしれない。

タナカは7人のことを『ラプンツェル姫』と表現していて〈第4章七人のラプンツェル姫〉ではそのお后候補に会ったときの印象を詳しく描いている。実際選ばれる方はどんな気持ちなのだろう。しかも見た目とか家柄はもちろんこれから発症しうる病気の確率まで出されたらなかなか完璧な人ってそういないような気がする。
そしてこのタナカが招かれた国(どこかは分からないけれど)がすごく特殊で研究以外することがあまりない。関わる施設は立派で先進国となんら変わらないけれどあまりその地域からは出してもらえなくてとてもミステリアスだった。一歩外へ出るとかなり怖い目にあったりするのでハードボイルドっぽくもあるし、軍事国家なので政治も絡んでいる。そしてタイトルに『恋人』とあるぐらいなのでラブストーリーの要素もあって最後まで変化にとんでおもしろかった。今思えば、医学的要素ばかり目について途中頓挫してしまったのがとても不思議だ。

 

ゲノムの国の恋人 (小学館文庫)

ゲノムの国の恋人 (小学館文庫)

 

 

情熱のナポリタン

伊吹有喜さんの『情熱のナポリタン BAR追分(ハルキ出版)』を読んだ。大好きな『 BAR追分』『オムライス日和』の続編だ。全作同様に新宿〈ねこみち横丁〉という商店街を舞台にした短編集で前の二作に登場した人物がBAR追分の常連客になっていて何だかうれしかった。もちろん新しく登場する人が新宿という場所柄有名人だったりして、主役の宇藤輝良が話しかけられたりする場面では自分のことのようにどきどきしてしまった。新宿三丁目に昔の勤務先があって通勤時やお昼休み、時には職場にもちょっとした有名人がふらっと現れたりすることが実際にあったのでそれを思い出した。
今回もおいしそうなタイトルがついた第4話で構成されていた。

〈第一話 お好み焼き大戦〉ではBAR追分に集まった人達が粉ものについて討論する。大阪と広島のお好み焼きの違い、大阪ではごはんといっしょに食べることがあるが、広島ではそばが中に入るからごはんいらずだとか、東京のもんじゃ焼きはそもそもおかず的じゃないとかそういううんちくがおもしろい。そこに居合わせた客の佐田辰也が自分の好きな思い出のお好み焼きを思い出す話だった。

〈第二話 秋の親子丼〉ではBAR追分に劇団『演劇屋花嵐』主催で劇作家の桜井義秀が現れて、ことのなりゆきから宇藤くんのコンクール用のシナリオを読むことになる。若くて宇藤くんと年も変わらない成功者に、かなり偉そうに意見を言われてムカッとする宇藤くんが目に浮かぶようだった。そしてバーで働く伊藤くんがもともとこの劇団にいて、主催から帰ってきて欲しいと言われて少し迷惑していることが『オムライス日和』よりさらに掘り下げられている。ちなみに秋の親子丼とは秋鮭とイクラの海の親子丼のことだった。

〈第三話 蜜柑の子〉ではBAR追分で商店街の会長の遠藤に頼まれて就学前の子供の柊をあずかることになる。無口で食べ物を口にしない柊が二日間の間に心を少し開いて桃子の料理をおいしそうに食べてと宇藤と一緒に過ごす姿にほっこりを越えて涙してしまった。ここで出てくるおいしいものは柊がすきなメロンパンの中で一番という新宿高野のメロンパンでそれを『ごほうびメロンパン』と呼んでいる。実際にあるのかちょっと分からないけれど食べてみたかった。

〈第四話 情熱のナポリタン〉では宇藤くんが『演劇屋花嵐』の脚本部に破格の給与でにスカウトされて悩む話が中心だった。昔そこにいた伊藤君に話を聞き劇団の実体を知ることになる。宇藤くんがどうするのか気になりすぎてハラハラしてここが一番おもしろかった。ここで出てくるおいしいものはタイトル通り『情熱のナポリタン』で鉄板焼き屋さんの空開に作ってもらうのだけれどこれがケチャップとウスターソースにプラス赤とうがらし、糀、塩と柚子で作った発酵調味料を混ぜてつくる。味に広がりが出るというこの調味料がすごく気になった。そして『ナポリタン』はイタリアにはなく日本発祥というのは聞いたことがあるけれど、横浜が発祥地というのは知らなかったので勉強になった。

『BAR追分』のシリーズ三冊全部読み終わってしまったので少しさみしい。続編がすごく読みたい。読みなおして登場する料理を作ってみるのも楽しいかもしれない。 

情熱のナポリタン―BAR追分 (ハルキ文庫)

情熱のナポリタン―BAR追分 (ハルキ文庫)

 

 

秋の理由

映画『秋の理由(2016年公開)』を観た。監督は福間健二さんで過去の作品では『わたしたちの夏』『あるいは佐々木ユキ』などがある。詩人としても活躍されておられて、今作の『秋の理由』では脚本も担当している。出演は寺島しのぶさん、伊藤洋三郎さん、佐野和宏さん、諏里さんなどが主演していた。寺島さんと諏里さんの出演の作品は目にしているけれど、伊藤さん佐野さんの演技をしっかり見るのは初めてかもしれない。

ネタバレ注意です。

舞台は映像から東京かなと思った。伊藤さんが演じたのは小さな出版社を経営する宮本で、佐野さんが演じたのは村岡正夫という小説家だった。この二人は仕事を一緒にしていた友人で現在は疎遠になっている。村岡は精神的なことから声がでなくなってしまい『秋の理由』という作品以後小説を発表していない。宮本も経営がうまくいかずこの先どうしようか思案中だったからだ。
ある日、宮本が道を歩いている時に強盗に出くわし倒れていたときに未来という女の子に出会い仲良くなる。未来を諏里さんが演じている。未来は何者なのかは映画の中で詳しくは語られない。ただ偶然知り合いの女の子と会ったりするので近郊に住んでいたことは分かる。後は想像するしかない。諏里さんは独特の雰囲気を持っているので、よりミステリアスな未来になっている。その未来がたまたま村岡のファンだったことから話ははずみ距離が近付く。宮本は未来に言われ自分に好きな人がいることに気付いてしまう。

村岡を演じた佐野さんの声が出ず苦悩する演技がすごく迫力があるのだけれど、佐野さんは実際に咽頭ガンを患い声帯を失って仕事に復帰されたことを知らずに観てしまった。役どころでは精神的に声がでなくなって3年という設定なので、寺島さんが奥さんで、村岡が周囲に当たり自暴自棄になる場面では奥さんと村岡の両方の気持ちが痛いほど伝わって来て苦しかった。伊藤さんは宮本という役の中で還暦を越えたおじさんで村岡との大人の友情と大人の恋を演じる。頭に大人とつけば大概どろどろしがちなのだけれど、伊藤さんが見た目がすごく若くてかっこいいので清潔感があってさわやかだった。

『秋』がテーマの映画は概ねさみしい。日差しが傾き涼しくなり、人恋しい季節なのでキラキラはしていないけれど、しっとりとした雰囲気があるのでテーマにした作品ではけっこう好きなものが多い。この作品も景色が綺麗だし叙情的で詩を読んでいるような台詞もすごくよかった。福間監督の詩も読んでみたい。 

秋の理由 [DVD]

秋の理由 [DVD]

 

 

こだわり抜いた挽き立て打ち立て湯がき立て

最近、食べていなかったお蕎麦を食べてきた。関西はお蕎麦文化というようりうどん文化というの認識があるけれど、京都には意外とこだわった店が多い。滋賀はそばの産地でそば処なので、近い京都にいいお店があるのかもしれない。私が行って来たのは『蕎麦の実 よしむら』で『嵐山 よしむら』の五条にある支店だった。f:id:mieeechan:20170812111815j:image

f:id:mieeechan:20170812111822j:image

ここのお蕎麦が好きで北山にある『よしむら 北山楼』にランチにも行ったことがある。北山はテラス席があったりしてカフェ風な外観でかわいかったけれど、この五条店はちょっと高そうな居酒屋さんのような風貌で実際お酒(日本酒、ワインなど)やおつまみになりそうなメニューが多くて選ぶのが楽しい。

f:id:mieeechan:20170812111849j:image

f:id:mieeechan:20170812111938j:image

一階、二階と席があったけれど今回は二階の席を案内された。とてもシックな雰囲気だった。お酒も飲みたかったけれど、飲まない人と行ったので今回は冷たいお蕎麦とサイドメニューを少し注文してみた。お店で出してもらった蕎麦茶が香ばしくておいしかったので何とかお酒は我慢できた。

f:id:mieeechan:20170812111957j:image

f:id:mieeechan:20170812112015j:imagef:id:mieeechan:20170812112032j:imageまず出てきたのは『そばの実サラダ』で大根、レタス、そば粉を揚げたチップス、中に蕎麦がきが入っていた。和風ドレッシングとそばの実がトッピングでついていてお好みでかけながらたべた。食感が楽しめておいしかった。

次はさっきのサラダにも入っていた『蕎麦がき』。

f:id:mieeechan:20170812112053j:image

わさびとおだしで食べたけれど、もちもちで美味しい。シンプルなので麺で食べるより蕎麦の味が分かるかもしれない。

次に出てきたのは、最近出来たメニューの『そば粉仕立てのから揚げ』。

f:id:mieeechan:20170812112115j:image

下味醤油の鶏からだけれど、衣が竜田揚げとはぜんぜんちがう。基本なめらかで突然そばの実がでてきて、二種類のカリカリ感があっておいしかった。

最後はメインの『天ざるそば』が出てきた。注文時に麺の太さをどうするか聞かれた。

f:id:mieeechan:20170812112146j:image

f:id:mieeechan:20170812112212j:image

私は〈並〉という普通の太さにしたけれど、〈極太〉はきしめんぐらい〈細〉はそうめんぐらいになるようだ。ここのお店のコンセプトが【こだわり抜いた挽き立て打ち立て湯がきたて】なので出来ることだと思った。かなり歯ごたえがあったので、硬目が好きな人は〈極太〉がいいかもしれない。私は〈並〉でも充分硬さは味わえた。蕎麦の香りがふわっとして噛みごたえがあって本当に美味しい。

天ぷらは抹茶塩で食べた。

f:id:mieeechan:20170812112236j:image

エビ(2本)、万願寺とうがらし、しめじの天ぷらだった。さくさくでおいしい。前もうどん屋さんで揚げ物を食べて思ったけれど、どうしてこんなに麺専門店の揚げ物っておいしんだろう。いつも感心する。久しぶりに体に良さそうなそばづくし料理が食べられて満足した。

 

ぼくのおじさん

映画『ぼくのおじさん(2016年公開)』を観た。監督は山下敦弘さんで過去の作品では『マイ・バックページ』『モテキ』を観たことがある。原作は北杜夫さんの同名の児童文学小説だ。ご自身をモデルにした小説らしい。松田龍平さん、真木よう子さん、寺島しのぶさん、戸次重幸さん、宮藤官九郎さんなどが出演しているが、子役の大西利空くんがストーリーテラーでそれが新鮮でおもしろかった。

ネタバレ注意です。

舞台は東京で途中からハワイの話になってすごく意外だった。大西くんが演じたのは小学生の雪男で学校から宿題を出される。それが家族についての作文でごく普通の家庭なので内容に困ってしまう。一番ネタにしやすい人を考えたら家に居候しているちょっと変わった父親の弟の〈おじさん〉だと気づき観察し作文を書く。その〈おじさん〉を松田龍平さんが演じている。松田さんといえばクールなイメージが強くてそのイメージを変えないでコメディを演じることができるところがすごいのだけれど、この役もまさにそんな感じで声にならない声で笑ってしまった。
雪男から見て〈おじさん〉がなぜ変わっているかというと、仕事は大学の哲学の講師をしていてどこかインテリだけれど非常勤講師で週に1コマ90分しか教えていないので、いつも金欠で、甥の雪男を盾に母親からお小遣いをせびったりして、ちょっとズルいところがあるが、それを全員から見抜かれていてなんかひいてしまうけれど憎めなくて逆に心配で気になってしまう複雑な人物だからだ。

ある日、親戚の叔母さんからおじさんが見合いの話があってそこで一目惚れしてしまう。それが日系アメリカ人のエリーでそのエリーを真木よう子さんが演じている。あったその日に故郷のハワイに訳あって帰ると言われショックをうけてその反動でお金もないのに見栄を張って遊びに行くと言ってしまい、おじさんなりに行く方法を考えて実行するシーンが一番のおもしろいので必見だ。

映画では突然舞台が海外に変わり、オアフ島、ハワイ島の景色も楽しめる。真木よう子さんハワイっぽいファッションがすごく似合っていてかわいい。旅行に行きたくなるかもしれない。原作者の北杜夫さんは小説家でエッセイストで精神科医で医学博士という多才な才能の持ち主でとてもこの〈おじさん〉と結びつかなかったけれど、子供目線で描くとこうなるのかと正直驚いたし勉強になった(反面教師的に)。そういう意味で大人から子供まで楽しめると思う。

 

ぼくのおじさん [DVD]

ぼくのおじさん [DVD]