俳優 亀岡拓次

映画『俳優 亀岡拓次(2016年公開)』を観た。監督は横浜聡子さんで過去には『真夜中からとびうつれ』『りんごのうかの少女』などのあるようだけれど、私はこの作品が初めてだった。映画が好きで転職して映画監督になられたのがすごく分かる映画だった。出演者は安田顕さん、麻生久美子さん、新井浩文さん、染谷将太さん、山崎努さん、三田佳子さんなど有名な俳優さんばかりだった。そんなすごい人の中で主役を演じたのは安田顕さんだった。TEAM NACSの中では大泉洋さんが一番好きで主演の映画やドラマをよく観たりしていたけれど、安田さん主演の映画ってどんな感じなんだろうとすごく興味があった。

ネタバレ注意です。

安田さんが演じたのはタイトルの亀岡拓次という俳優でしかも脇役のプロというちょっと難しそうな役所だった。深作欣二監督の『蒲田行進曲』とはシュチュエーションが似ているところもあるけれど全然ちがった印象を受けた。安田さんの脇を固めるのが普段主役をするようなビッグネームな俳優さんで映画の世界を全く逆の視点で描いていておもしろかった。また亀岡拓次という人間がすごく魅力的で安田さんにぴったりだった。人柄が良くて来る仕事は大体うけて少々難題を言われてもイヤな顔一つせず監督の指示通りに動くプロ意識がすごく強いから、仕事は次から次ぎへと来る。うまく出来ない主役に「教えてやって!」と監督に言われたりするぐらい信頼があつい。そしてめったにほめない監督が亀岡拓次の演技にしびれてほめたり声をかけるほどだ。

俳優の話だから、亀岡拓次の仕事に合わせて劇中劇のシーンがたくさんあっておもしろい。フィクションの映画作品がいくつかあって新井浩文さんや染谷将太さんが若手の監督を演じていてこんな人いそういそうと笑ってしまった。山崎努さんは巨匠の監督を演じていてご自身の経験がすごく生かされていてものまね(演技)の精度が高すぎてこの監督をまねてるんじゃないかな?といろいろ想像できて楽しかった。三田佳子さんはベテランの名舞台女優という本人さながらの役をコミカルに演じていた。『ガラスの仮面』や『W悲劇』のパロディみたいでおもしろい。ついに亀岡拓次は脇役を追求しすぎてついに海外のしかも自分が憧れている映画監督から指名でオーディションを受けないかとの依頼がきたりして意外とスケールの大きい話だった。脇役で光るタイプの人はけっこう芸能界に限らずけっこういるし自分もそういうタイプに目がいくのであながちない話ではないと感じた。亀岡拓次のそれからが気になるので、続編があれば観てみたい。

 

俳優 亀岡拓次 DVD(通常版)

俳優 亀岡拓次 DVD(通常版)

 

 

伏見桃山でおいしいもの探し

おいしいものを探しに伏見桃山に行ってきた。f:id:mieeechan:20170726181846j:image

伏見に住んでいたこともあって特に大手筋商店街や竜馬商店街が好きで以前はよく来ていた。
f:id:mieeechan:20170726181916j:image

大手筋商店街は歩くだけでお腹がすく不思議な雰囲気だ。

f:id:mieeechan:20170726181947j:image

飲食店が多いのは分かるのだけれども、パチンコ屋さんも飲食店に見間違えるような外観だったりして茶目っ気がある。

f:id:mieeechan:20170726182017j:image

他にも老舗のアンティークショップがあったりして歩くだけで楽しい。

f:id:mieeechan:20170726182107j:image

その商店街にある『手打ちうどん 天ぷら 浅右衛門(あさえもん)』ですてきな創作うどんを食べた。

f:id:mieeechan:20170726182151j:image

週替わりで限定の創作うどんが食べられるついリピートしてしまいそうなお店だ。

f:id:mieeechan:20170726182224j:image

お昼どきを過ぎていたのですいていてよかった。

今回は『京ゆばの天ぷら冷やしぶっかけうどん舞茸天と蓮根饅頭を添えて(税別1000円)』を注文。うどんに1,000円使ったのは久しぶりかも知れない。自分の中では奮発した方だ。でも、大盛りにしても1,000円据え置きなのでお得だと思う。もちろん大盛りにした。以前伏見で別のおいしいうどん屋(『福来たる』という店)で食べたときも大盛りの値段は変わらなかったと思う。

f:id:mieeechan:20170726182407j:image

伏見ではうどんがソウルフードなのか(さだかではないです)サービスも味もいいお店が多いと感じる。うどんとラーメンのスタンプラリーもやっているようで参加したら楽しそう。

f:id:mieeechan:20170726182329j:image

大盛りだから多いだろうとは思っていたけれど、思った以上にすごい大きな器に豪快にゆばの天ぷらがのって出てきた。ゆばが大きすぎて蓮根饅頭と舞茸天がかくれているけれど、さくさくでおいしい!(饅頭はもちもちしっとりです)そしてうどんはこしがあってつやがあってのどごしが良くて最高!大盛りにして良かった。天ぷらがつゆに浸かって出てくるのが苦手なのでやっぱり冷たいうどんと合わせるのが一番おいしい食べ方だと再確認した。
せっかくなので竜馬商店街や寺田屋、黄桜酒造にも行ってきた。

f:id:mieeechan:20170726184251j:image

f:id:mieeechan:20170726184322j:image

f:id:mieeechan:20170726184430j:image

竜馬を謳っているだけあって実家近くの商店街もちょっと思い出したりする。はりまや町『魚の棚商店街』と竜馬の実家のあった上町の『上町商店街』を足して割ったような感じ。親しみやすい。
f:id:mieeechan:20170726182604j:image

f:id:mieeechan:20170726182924j:image

f:id:mieeechan:20170726182707j:image

f:id:mieeechan:20170726182651j:image

黄桜酒造ではかわいいビールがあったので買ってみた(自分にお土産)。

その後はUCCフランチャイズのお店(上島珈琲とはちがう)が珍しかったので入ってみた。f:id:mieeechan:20170726182744j:image

入店してすぐサイフォン式のお店だと分かってすごくうれしかった。豆は日替わりのようで今日は『ジャバロブスタ』という豆でアイスコーヒー生クリームのせで出してもらったけれど香りも楽しめておいしかった。

f:id:mieeechan:20170726182824j:image

f:id:mieeechan:20170726182840j:image

うっかり焼きたてワッフル(フルーツ)とセットにしてしまった。あったかいワッフルと冷たいアイス、フルーツの組み合わせが無限のおいしさだった。あったらあっただけ食べてしまうわ。
何でも食べたくなるのでこの辺で切り上げて帰宅した。近所にこの商店街があったら確実に太ってしまう・・

MICROBE ET GASOIL

映画『グッバイ,サマー/Microbe et Gasoil(2016年公開)』を観た。フランス映画で監督はミシェル・ゴンドリーで過去の作品では『エターナル・サンシャイン』を観たことがある。出演者では『アメリ』のオドレイ・トトゥが出ていたけれど、今回の役が主役の男の子の母親役であまりにも見た目から役作りしていて最初気づかなかった。他の出演者はすごく若手の俳優さんが多く初めて見る人ばかりだった。

ネタバレ注意です。

舞台はパリで中学生のダニエルが一夏で成長する青春群像を描いた作品だった。監督の自叙伝のようだ。ダニエルは体が小さく女の子のような見た目であることや無個性であると勝手に思いこんでいてコンプレックスだらけでおまけに思春期にありがちだけど母親の愛が深すぎて重いと感じている。学校でも気の合う男子があまりいずローラという女の子と一緒にいてひそかに好意を持っている。無個性だと感じているわりには絵がうまかったりものの見方が他と変わっているような印象を受けた。

そこにある日突然、テオという転校生がやってきて学校では隣の席になる。テオは体も大きく男らしい感じで人を楽しませるのが上手くてかといって誰とでも仲良くするわけでなく自分を持っていて個性的な人間でダニエルは自分と対照的と感じて興味をもつ。このテオを演じたテオフィル・パケくんがすごく素敵な演技をするので目が行ってしまう。ものまねのシーンがかわいい。この2人は家庭環境も全然ちがう。ダニエルは兄弟がいてたまに喧嘩もするけれどうまくいっている。ただ母親が心配性過ぎて少しうとましさを感じている。逆にテオの家はあまり裕福ではなく兄とは離ればなれで家事から家業まで手伝っている。お互いをお互いの家に招く度に違いを感じるけれど二人は認め合って仲良しだ。テオは機械いじりが得意でダニエルは芸術面で優れいるので二人のアイデアを出し合って車を作ってフランス各地を旅することに決めるのだけれど、この車がなんともいえずいい味があってちょっと笑ってしまった。最初、車両の許可が取れなかったので車に見えない車にするというダニエルのデザインの発想がすごくいい。ここまでくると、どこが無個性なのかぜんぜん分からなくる。旅はパリ→ベルサイユ→マムール→モルヴァルなどあまり知らないところ、みる限り田舎のようなところなのでパリばかりの仏映画より新鮮だった。

少年二人旅だからいろんな災難が起こったりして冒険物としてもおもしろい。私も友人と二人旅をしたのはこのぐらいの年頃だったのでそれを思い出した。私の場合は都会へしかもビョークのライブに行っただけなのでとくに何事もなかったけれど。学生の頃に急に新学期に特に夏休み後に大人っぽくなって何があったのか噂される人よくいたけれど、作品の最後にはダニエルが冒頭のダニエルと全くの別人のように変わるところが一番の見所だと思う。

 

グッバイ、サマー [DVD]

グッバイ、サマー [DVD]

 

 

ジュリエッタ

映画『ジュリエッタ(2016年公開)』を観た。スペインの映画で監督はペドロ・アルモドロで過去の作品では『オール・アバウト・マイ・マザー』など作品があるスペインの有名監督だ。

ネタバレ注意です。

舞台はマドリードでタイトルの〈ジュリエッタ〉という女性の半生を描いた作品だった。街で娘の友人に偶然声をかけられたことから自分の今までを文章にし始める。冒頭では恋人と思われる男性とポルトガルに引っ越す予定だったのを急にやめ、昔住んでいたアパートに戻る。ここまでで理由は分からないけれど娘と離ればなれになっていてそして娘を待つためにここにいるのだなと推測できる。そしてそこで会えるかどうか分からない娘宛の文章だということがだんだん分かってくる。

娘の父親つまり夫との出会いまで時間がさかのぼり、ミステリーのようで実は半分ラブストーリーだった。ただすごく現実的で情熱的な場面ばかりでなかった。夫になるジョアンとは列車の中で出会うのだけれど怖いことがあってたまたまそこにジョアンがいて『吊り橋効果』のように好意を持ったり、仕事面で不安定になっているときにジョアンから手紙が届いたりして「これは運命的!」と手放しで思えなかったので半分ラブストーリーと感じたのかもしれない。そして、結婚した後も里帰りして家庭の事情で父親との関係が悪くなったり、ジュリエッタの職場復帰やジョアンとの共通の女性の友人のことで家庭がごたごたしたりとにかく現実的だった。

途中までは娘のアンティアとは良好な関係だったのになぜ現在は離ればなれでジュリエッタが何かを引きずりなぜ前に進めないかを観客が場面をつなぎ合わせて推理していくのだけれど、登場人物の心の中の描写がすごく繊細で考えこんでしまった。『オール・アバウト・マイ・マザー』でも息子を失った母親を描いていたけれどペドロ監督はすごくこういった作品を撮るのがうまいと思った。今回の作品では離ればなれになった娘がいつの間にか家庭をもち自分と同じ立場の母親になっていたということを人づてに聞いてしまった母親の元気にしていてよかったという気持ちと会いたいのに会えない気持ちを描いていてせつなかった。自分の家族についてもう一度考えたくなるような作品だと思う。

 

ジュリエッタ(字幕版)
 

 

炭火とワインとクラフトビール

野球とお酒の相性がいいので、どうしても野球観戦の後は飲んでしまう。ということで、昨日野球観戦の後にずっと行ってみたかった『炭火とワイン 京都駅前店』に行って来た。

f:id:mieeechan:20170723102750j:image

大阪に何店舗かある人気店のようで京都飴屋町のお店は今年1/3にオープンした。どこかでもらったお店のチラシのデザインがすごくおしゃれでずっと行こう行こうと思っているうちに半年ぐらいかかってしまった。

急だったので予約ができず空き次第連絡をもらうようにして、近くにあるにいつ間にかオープンしていた『クラフトビール&ピザ100K』で飲みながら待つことにした。

f:id:mieeechan:20170723102821j:image

f:id:mieeechan:20170723103943j:image

外観はガラス張りですごく明るくて、何より接客がすごく丁寧で店の前でメニューを見てる時点で「奥のお席用意します」と声をかけてくれたので入りやすかった。

待ち時間の為に入ったけれどビールはもちろんおつまみが本格的で結局ここで色々注文してしまった。クラフトビール自体は初めてではなくて、京都伏見の『カッパカントリー(黄桜酒造)』のクラフトビールが好きで何度か飲みに行ったことはあるが、詳しくどういうものなのか知らなかったので、今回は勉強になった。

f:id:mieeechan:20170723102927j:image

f:id:mieeechan:20170723102957j:image

1杯目は『夏のきまぐれ』という〈IPA〉というスタイルのビールを注文した。ペールエールをもっと強くした感じと説明があったけれどペールエールがいまいち分からなかった。とにかくさわやかで柑橘系の香りがしてびっくりした。『マルゲリータ』をおつまみにした。

f:id:mieeechan:20170723103026j:image

f:id:mieeechan:20170723103054j:image

2杯目はそのよく分からなかった〈ペールエール〉というスタイルの『志賀高原ペールエール』を注文した。確かに柑橘系の香りは少し薄く感じたけれど食べ物との相性でふわっと香る時があってすごくさわやかだった。『トマトと蛸のアヒージョ』をおつまみにした。このままここに居続けたら全種類飲んでしまう恐れがあったのでここで店を出た。
もう一度『炭火とワイン』に行ってあと何組まちか聞くと、キャンセルが出てすぐ席を用意してくれた。
f:id:mieeechan:20170723103128j:image

外観は町家風で京都駅の周辺ではちょっと目立っていてかわいかった。二階建てだったけれど私は表通り側のカウンター席に案内してもらった。中も落ち着いていて照明が薄暗くて雰囲気があった。
このお店のすごいところは時間無制限で飲み放題が付けれる。もちろん付けた。しかも種類が多いので付けた方がいいと思った。

f:id:mieeechan:20170723103236j:image

そしてさらにすごいのはつき出しのサラダが食べ放題!手作りと思われる野菜のドレッシングも含めておいしすぎて3回おかわりした。メニューはすごく豊富で急に行くとすごく迷うかもしれない。私はだいたい食べるものを決めて行った。

f:id:mieeechan:20170723103301j:image

f:id:mieeechan:20170723103319j:image

f:id:mieeechan:20170723103340j:image

f:id:mieeechan:20170723103355j:image

f:id:mieeechan:20170723103424j:image

食前酒に赤のスパークリングワインの〈モデネージ〉、前菜には〈鮮魚のカルパッチョ〉と〈パルマ産生ハム〉を注文した。

二杯目のワインは白〈マルケス・デ・ジュリータ〉を薦めてもらった。カルパッチョに合う!

f:id:mieeechan:20170723103519j:image

f:id:mieeechan:20170723103532j:image

その後にメインの〈おおいた豊後牛オレイン55%炭火焼〉を食べて赤の〈ヴァレデモロ〉を飲んだ。炭火焼のお肉が柔らかいのとわさびのおいしさにはまってしまった。f:id:mieeechan:20170723103610j:image

ワインの説明書きがすごくユニークでワインを芸能人に例えていたので石原さとみさんを選んでみた。他にも箕輪はるかさんなど注文を躊躇してしまうものもあったりして選ぶのが楽しい。〈ヴァレデモロ〉が一番気に行ったのでおかわりした。

f:id:mieeechan:20170723103640j:image

そして最後に一番食べたかった〈ワタリ蟹一尾トマトクリームソース〉が登場して見た目に感激。ここのお店は全般的に盛りつけが素敵で気持ちがあがる。パスタのソースがすごくおいしくて残したくなかったのでバゲットを別注して堪能した。
一軒目と併せてかなり飲んだような気がする。今朝ちょっと二日酔い気味になったけれど久しぶりにお酒に合わせておいしい料理を食べられてすごく楽しかった。

わかさスタジアム京都で野球観戦

右京区西京極にある〈わかさスタジアム京都〉で高校野球地方大会を観戦してきた。

f:id:mieeechan:20170722170628j:image

わかさスタジアムでは普段は女子プロ野球の試合も行われているようだ。
f:id:mieeechan:20170722170653j:image

先週も観戦したけれど、いつの間にかベスト8がそろった。

f:id:mieeechan:20170722170804j:image

その中でも、自分の中では実質決勝戦と思う(勝手に感じている)第一試合の東山高校龍谷大平安高校の試合を観た。

f:id:mieeechan:20170722170750j:image

そう思っている人が多いのか知らないけれど、チケット売場から激混みで驚いた。阪神の試合でも観にきたような雰囲気だった。

f:id:mieeechan:20170722170935j:image

スタジアム内もこの前の太陽が丘に行ったときよりもマスコミ関係の人が多かった。試合開始前からわくわくした。

f:id:mieeechan:20170722171023j:image

平安高校は野球の名門校のイメージが強いけれど、私はやっぱり平安高校吹奏楽を生で聴くのがすごく楽しみだった(もちろん野球を観にきている)。

とくに相手チームにすごい圧力をかける(バッターが得点圏内の累に出た時に流れる)『怪しいボレロ』を生で聴けてほんとに感激した。

f:id:mieeechan:20170722171056j:image

f:id:mieeechan:20170722171129j:image

試合の方は2回に平安が先制点を取ってから終始試合をリードしていて5回にスタジアムの整備が終わってすぐに2打席連続のホームランで2点追加した。たまたま席を外していてここを見逃してしまった。

f:id:mieeechan:20170722171202j:image

f:id:mieeechan:20170722171236j:image

f:id:mieeechan:20170722171222j:image

そして攻撃の手を緩めることなくさらに9回にも1点を追加して、結果6-0で龍谷大平安高校が勝利した。どの回でも常に打者が得点圏にいたので『怪しいボレロ』ばっかり聴いたような気がするけれど他の曲も回によって分けていたような気がする。すごくこだわりがあった。聞き取れたのは『それが大事』だった。他の曲もすごく良かった。曲名は分からないけれど。東山高校は1点がなかなか入らなくて少し残念だったけれど、全体的には引き締まった試合だったように思う。

f:id:mieeechan:20170722171251j:image

平安高校は準決勝は北綾高校と西城陽高校の勝者と当たる。今後がすごく気になる。

の・ようなもの のようなもの

映画『の・ようなもの のようなもの(2016年公開)』を観た。監督は杉山泰一さんで原案は2011年に急逝した映画監督の森田芳光さんで、タイトルから分かる人も多いかもしれないが森田監督のデビュー作『の・ようなもの』の続編を森田監督ゆかりのキャスト・スタッフで製作した作品だ。森田芳光さんの作品では松田優作さんが主演の『家族ゲーム』や『メイン・テーマ』、『キッチン』『失楽園』『黒い家』など数え切れないほど観ている。『の・ようなもの』は1981年の作品なので観たかもしれないけれどはっきりとは内容は覚えてなかったので、今回はまったく新しい作品として観た。主演は松山ケンイチさんで、北川景子さん、前作から出演している伊藤克信さんや尾藤イサオさん、でんでんさん、他にもたくさん有名な俳優さんが出ているのでこんなところにもという感じで見つけるのが楽しかった。

ネタバレ注意です。

舞台は東京台東区谷中で松山ケンイチさんは会社員から転職して落語家に弟子入りした出船亭志ん田を演じていた。その師匠が尾藤イサオさんが演じる出船亭志ん水で北川景子さんはその娘の夕美の役だった。
志ん田はある日師匠から志ん魚(伊藤克信さん)を探してこいと言われる。一門のスポンサーの会長から急に志ん魚の落語が聞きたいと言われたからだ。しかし志ん魚は落語家を引退していて、昔の葉書の住所から信州やら近所やらに探し回って志ん魚の周辺の人に会い聞き込みをする。そこで出会う人も佐々木蔵之介さんや鈴木京香さんや中村トオルさんなどすごく豪華だった。そしてすごく楽しんで演じているのが伝わってきて台詞は少なくてもすごく印象に残った。特に松山ケンイチさんは他の作品でもそうだけれどきちんと役作りをされていて演目のシーンはちょっと感動するかもしれない。北川景子さんも自由でかわいい役なのですごくぴったりだった。台東区の下町の風景もすごく良くて消え物のとくにお蕎麦を食べるシーンが多いのだけれどそれがおいしそうでロケ地がすごく気になった。

落語は今すごく注目されてコミックになったりそれがまたアニメになったり、この作品のように映画になるようになったけれど、一番はまったのはもう亡くなってしまったけれど桂枝雀さんの落語だったのでそれを思い出した。古典から新しいこと(英語で落語をされていたような気がする)まですごく上手くて雰囲気がある人だった。作品を観て落語を聴きに行きたくなった。『の・ようなもの』ももう一度観てみたいと思う。