読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近読んだ推理小説の続編

ジャック・ルーボーの『麗しのオルタンス』が面白かったのですっかりファンになり続編の『誘拐されたオルタンス(創元推理文庫)』を読んだ。相変わらずの登場人物の多さに頭を使い、ちょっと疲れたけれど、読み終わるととんでもなくすっきりするのでおすす…

新しい愛の形

映画『神様なんかくそくらえ(2015公開)』を観た。R指定でタイトルもなんとも刺激的な感じだけれども、内容はそれを上回ると思う。しかし、東京国際映画祭でグランプリを受賞するほど評価されている作品だ。実話をもとにした映画で、ドキュメントとフィク…

コメット

映画『コメット(2015年公開)』を観た。主役のデルを演じたジャスティン・ロングとキンバリーを演じたエミー・ロッサムの演技がすばらしかった。SFファンタジーで基本的に主役の二人しか出てこないのだけど演出がすばらしくて二人だけに見えない。二人の…

マン・アップ

イギリス映画『マン・アップ/60億分の1のサイテーな恋のはじまり(2016公開)』を観た。イギリス映画はもともと大好きなのでとてもおもしろかった。サイテーとあるが大人のピュアな恋愛映画だ。出会い方が変わっているだけで。 主役のナンシーを演じるレ…

リザとキツネと恋する死者たち

映画『リザとキツネと恋する死者たち(2016公開)』を観た。ハンガリー映画だ。恋愛映画だと思って観るとちょっと裏切られるかもしれない。ブラックユーモアが利いていてパンチ力があるので注意が必要だ。 ネタバレ注意です。 舞台は1970年代のブダペストで…

久しぶりに読んだ推理小説

小説『麗しのオルタンス』(創元推理文庫)を読んだ。こんなに頭を使って読んだのは久しぶりかもしれない。作者のジャック・ルーボは数学者とあって今まで読んだ推理物と少しテイストが違うと感じた。登場人物がとにかく多くて頭を整理するのが大変だった(…

ミュージアム

最近ちょっと怖い映画にはまってしまって映画『ミュージアム(2016公開)』を観た。小栗旬さんや妻夫木聡さんなど人気の俳優さんが出ているので映画館で観た方も多いかも知れないが、私はちょっと機会を逃してしてしまったので家で観た。家で観た方が結果的…

神様メール

映画『神様メール(2015公開)』を観た。ベルギー・フランス・ルクセンブルグの共同制作の映画だった。フランス映画をよく観るので何人か知った俳優さんが出演していた。一番有名なのはカトリーヌ・ドヌーブかなと思うのだけど女神を演じたヨランド・モロー…

ハッピーエンドの選び方

映画『ハッピーエンドの選び方(2015公開)』を観た。イスラエルの映画だ。イスラエルの映画を観たのは初めてかも知れない。ベネチア国際映画祭で観客賞を受賞した作品だが、こんなに泣いて笑ってをひたすら繰り返す映画は珍しい。なぜ泣き笑いをするかとい…

最近観た韓国映画

映画『あいつだ(2016公開)』を観た。韓国映画だ。主演のジャンウを演じるのはチュウォン、シウンを演じるイ・ユヨンなど恐らくとても人気の俳優さんだと思うのだけど韓流スターにはかなりうといので全然分からなかった。イ・ユヨンさんはちょっと好みだっ…

ハロルドが笑うその日まで

北欧の映画が好きなので、映画『ハロルドが笑うその日まで(2016公開)』を観た。ノルウェーの映画だ。まず、脚本がすごく斬新でおもしろいと思った。有名大型家具店IKEAが出てくる。 ネタバレ注意です。主人公のハロルドはノルウェーのオサネの町一番の…

ルビー・スパークス

先日観た恋愛映画が少し明るさに欠けていたので、気分を変える為に『ルビー・スパークス(2012公開)』を観た。夢があるラブコメディだ。出演者はあまり知らない俳優さんが多かった。唯一知っているのは、アントニオ・バンデラス(主人公の義父役)だけだっ…

恋に落ちる確率

最近、恋愛について考える機会があったので、映画『恋に落ちる確率』を観た。急に観たくなった。2003年に公開されたデンマークの映画だが今観ても古さはまったく感じない。むしろ新しい感じがする。いい映画はだいたいそうだ。 ネタバレ注意です。 タイ…

おすすめの天丼屋さんと癒しのカフェ

京都市中京区の寺町商店街の中にある『天丼まきの京都寺町店』に行って来た。店名が好きで店の前を通る度に「ま~きの」と小栗旬風に呼んでしまう。休日はもちろん、平日でも外で待っている人がいる人気店だ。今日も20分ぐらい待って入った。 『天丼まきの…

ちはやふる 上の句/下の句

日本アカデミー賞を引きずっていて、広瀬すずさんが主演女優賞でノミネートされた映画『ちはやふる 上の句/下の句』を観た。原作は末次由紀さんの同名のコミックで、原作の大ファンなのでちょっと観るのが怖かった。原作とちょっと違うと思ったけれど、映画…

64ロクヨン

先日、日本アカデミー賞を見たので、佐藤浩市さんが主演男優賞を取られた映画『64ロクヨン』の前編/後編がすごく気になって観た。原作は横山秀夫さんの同名の推理小説だ。また機会があれば原作も読みたい。 出演者は豪華だった。主演の三上を佐藤浩市さん…

東京ウィンドオーケストラ

もともと、映画は大好きだけど、最近特におもしろい。2月、3月はアカデミー賞や日本アカデミー賞で好きな映画作品、監督、俳優さんが紹介されたり、受賞するのが見られるからだ。昨日も『湯を沸かすほどの熱い愛』で宮沢りえさんと杉咲花さんが、妻夫木聡さ…

キセキーあの日のソビトー

昨日、映画の日だったので、映画『キセキーあの日のソビトー』を観てきた。出演は松坂桃李さん、菅田将暉さんなど若手から小林薫さん、麻生祐未さんなど実力派の俳優さんまで幅広かった。 ネタバレ注意です。内容はGReeeeNの誕生するまでの実話を作品にして…

インスタント沼

映画『インスタント沼(2008公開)』を観た。監督は三木聡さんで主演は麻生久美子さんだ。麻生さんが好きでいろいろ作品を観たけれどこの作品は一番コミカルな役だと思う。その他、加瀬亮さん、風間杜夫さん、松坂慶子さんをはじめ、ちょっとした役でも宮藤…

映画『愚行録』

先日、映画『愚行録』を観てきた。出演は妻夫木聡さん、満島ひかりさん、小出恵介さんなど人気のある俳優さんばかりだった。衝撃的な内容だったので、貫井徳郎さんの原作も読んでみた。大体は原作通りだったけれど、改めて文字で読むと怖さが増した。 ネタバ…

職人が握るお得なお寿司のランチセット

お寿司が好きなので、大阪枚方市の『弁慶寿司』に行って来た。 カウンター席、テーブル席、座敷とあってお寿司屋さんというよりは、寿司居酒屋という雰囲気で、お寿司以外のメニューも豊富で近所にあれば飲みに行きたいのだけれど、少し距離があるのでいつも…

最近観たイギリス映画

先日、映画『ミス・シェパードをお手本に』を観てきた。まず、このタイトルの『お手本に』がどういうお手本になるのか期待して観たのだが、絶対にお手本にしてはいけない『お手本』だった。 主演はハリーポッターシリーズで有名なマギー・スミス。作品として…

バレエボーイズ

映画『バレエボーイズ』を観た。バレエ映画の『リトルダンサー(2000年公開・英)』の大ファンなので、この作品も主役が同じように少年のバレエダンサーで、ドキュメンタリーなのだけれど似たところがあってとてもおもしろかった。元々、バレエは女性がメイ…

映画『たかが世界の終わり』

今日、映画『たかが世界の終わり』を観てきた。タイトルのインパクトがすごくていったいどんな作品なのか前から気になっていた。監督・脚本は自身も俳優として活躍するグザヴィエ・ドラン。今回は本人は出ていないのだけれど、出演者が全員すごかった。主役…

一番好きなとんかつ屋さん

昨日、久しぶりにとんかつを食べてきた。料理は大好きだが、とんかつはやっぱりお店で食べるのがおいしいと思う。特に好きなのは『かつくら』だ。京都の人にとってはメジャー過ぎるかもしれないけれど、お店に行くこと自体楽しい。系列店の『リプトン』も店…

映画『マギーズ・プラン』

今日、映画『マギーズ・プラン』を観てきた。出演はグレタ・カーウィグ、イーサン・ホーク、ジュリアン・ムーアなど素敵な俳優さんばかりだった。監督はジョー・スワングバーグ(低予算でもごもご話す会話劇のマンブルコアと呼ばれるマンブル派)で、舞台が…

ジヌよさらば

映画『ジヌよさらば~かむろば村へ~』(2015公開)を観た。監督・脚本は松尾スズキさん。出演は松田龍平さん、阿部サダヲさん、二階堂ふみさん、松たか子さん、西田俊行さんなど好きな俳優など好きな俳優さんばかりで、とてもおもしろかった。原作はいがら…

映画『グレート・ミュージアム』

映画『グレート・ミュージアムーパプスブルグ家からの招待状ー』を観てきた。オーストリア映画で、ウィーン美術史美術館の美術収集室の改装に合わせて撮ったドキュメンタリー映画だった。美術館のドキュメンタリーということで美術品が中心に話が進むと思い…

仏光寺の佛光寺

先日、佛光寺に行ってきた。ネーミングのように仏光寺通りにある。この界隈はおしゃれで美味しい飲食店が多く、新しい店を見つけるのが楽しいので、買い物ついでに散歩するコースだ。この辺で一際目立つ存在なのが佛光寺で、四条烏丸に近い都会にありながら…

定評ある研究所

今日は四条烏丸にある『ハンバーグラボ』(京都市下京区妙伝寺町)でランチを食べて来た。マスコミでも取り上げられている有名店で色んな人から薦められていたので、念願かなってちょっとうれしい。 今回は黒毛和牛ハンバーグ(150g)とサイコロステーキ…

映画『こころに剣士を』

先日、映画『こころに剣士を』を観てきた。ずっと楽しみにしていた映画だ。スウェーデンの映画で、クラウス・ハロ監督の作品だ。この監督の作品は初めてだったが本当に良かった。 ネタバレ注意です。 舞台は1950年代のエストニアの小さな町だ。そこにソ連の…

モールを楽しむ

昨日、ずっと行きたかった『枚方T―SITE』に行ってきた。京都から近いのでいつでも行けると思いながら全然行けてなかったが、去年の5月にオープンしていたようだ。蔦屋書店が中心となった複合施設だった。 2~3階が蔦屋書店とTSUTAYAで、4~5階その他、…

知らなかった

最近全然本を読めてなかったので、佐野洋子さんの『死ぬ気まんまん』を読んだ。なぜ、こんな怖いタイトルの本を選んだかというと、健康診断を受けたばかりだからだ。自分はすごくこわがりなので、検診が終わってなんか気が抜けて選んでしまった。佐野洋子さ…

はじまりは5つ星ホテルから

2013年公開のイタリア映画『はじまりは5つ星ホテルから』を観た。イタリア映画といえば『ニュー・シネマ・パラダイス』や『ライフ・イズ・ビューティフル』が有名だが、記憶するかぎり自分はこの二つしか観ていない気がする。どちらも大好きな映画だ。…

ミッドナイト・イン・パリ

映画『ミッドナイト・イン・パリ』を観た。ウディ・アレン監督の作品が好きでよく観るが、なぜがあまり劇場で観たことがないので今回もDVDで観た。 なぜウディ・アレン監督の作品を観るかというとニューヨークが舞台になることが多く(監督自身が生まれも…

新しいワタシの見つけ方

映画『新しいワタシの見つけ方』を観た。 ネタバレ注意です。アメリカに実際にある「レッドバケツ」という馬の牧場の話だった。自分が思う牧場ではなく、捨てられた馬を次の飼い主が見つかるまで保護する馬の学校ような施設の話で、主人公のエマは友人の身代…

あまくない砂糖の話

映画『あまくない砂糖の話』を観た。なぜ、この映画に興味を持ったかといえば、もうすぐ健康診断を受けるからだ。毎年、少し不安だ。 オーストラリアの映画で基本的にドキュメンタリーなのだが、カラフルな色彩で撮られていて、ミュージカル的な要素もありバ…

半分の月がのぼる空

世間では成人式だ。すっかり、20才ぐらいの頃の気持ちを忘れてしまったかも、と思い心がきれいになりそうな映画が観たかったので『半分の月がのぼる空』を観た。2009年公開の作品でよく知らなかったが、とてもよかった。純粋な恋愛映画だ。 ネタバレ注意で…

『すれ違いのダイアリーズ』

映画『すれ違いのダイアリーズ』を観てきた。タイ映画はあまり観ないのでとても新鮮だった。自分も日記を書いているのでどんな内容なのかとても気になった。 小学校の先生と子供たちとのふれ合いや主人公(二人の教師)の恋愛を爽やかに描いていた。題名の通…

映画『ペーパーマン』

映画『ペーパーマン』をDVDで観た。なぜ、この作品を選んだかと言うと主人公が作家であることと、スランプを乗り越える姿が見たかったからだ。ここ数ヶ月自分で文章を書くようになってから、あたり前だが、ただ楽しんで読むだけだった頃とまったく読み方…

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。 丸太町にある『護王神社』に初詣に行ってきた。今日はなかなかの混み具合で、参拝まで30分ぐらい並んだ。足腰のご利益があるそうだが、私は何事にもあまりねばりがないので、がんばれるようにとお願いしてきた。 明治1…

長い長い殺人

宮部みゆきさんの推理小説『長い長い殺人』を読んだ。女性の作家さんの中では一番宮部さんの作品を読むかもしれない。人間の光と陰をうまく表現していて話に深みがあるのがおもしろい。 この『長い長い殺人』では、各章ごとに主人公が変わっていくが、そのナ…

今年を振り返って

ブログを初めて3ヶ月弱でもう今年が終わってしまい、どう表現していいか難しいのですが、初心者でつたない文章であるにも関わらず読んで下さった方に感謝いたします。ありがとうございます。 自分の書いてきたものを振り返ると、好きな映画と読書と舞台のこ…

映画『おとなり』

クリスマスシーズンなので、恋愛映画を観た。主演は岡田准一さん、麻生久美子さんだった。この作品の麻生さんはとても透明感があり役どころにぴったりだった。他にも谷村美月さんや岡田義徳さんなど自然な演技ができる方ばかりで作品にすぐ入り込むことがで…