読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい名所

4/14に京都タワーが新しくなってオープンした。どうも『京都タワーサンド』とういう名称になったらしい。 近すぎて行く機会がなかったけれどあまりにきれいにおしゃれに変わっていたので行ってみた。地下がフードコートになっていて京都で人気の飲食店が一…

結婚観を繊細に描いた映画

映画『さざなみ(2016公開)』を観た。イギリス映画だ。主演は『愛の嵐』のシャーロット・ランプリングでこの作品でベルリン国際映画銀熊賞を受賞している。その他『長距離ランナーの孤独』『モネ・ゲーム』などに出演しているトム・コートネイが出演してい…

サスペクツ・ダイアリー

映画『サスペクツ・ダイアリー/すり替えられた記憶(2015公開)』を観た。主役は『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコで他にも『告白』のクリスチャン・スレーターやアンバー・ハード、エド・ハリスなど有名な俳優さんが出ていた。 ネタバレ注…

マネーモンスター

映画『マネーモンスター(2016公開)』を観た。監督はなんとジョディ・フォスターで主演はジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツだった。ハリウッドスターが集まるとこんなにすごい作品ができるのかと感心するような作品だった。 ネタバレ注意です。 ジ…

選挙の勝ち方教えます

映画『選挙の勝ち方教えます(2015公開)』を観た。アメリカの映画でサンドラ・ブロックや『ルビー・スパークス』ゾーイ・カザンが出ていた。サンドラ・ブロックといえばコメディの女王というイメージが強いけれどこの作品ではかっこよくておもしろくて繊細…

スペインのベストセラー作家渾身の作品

『最後の乗客/マネル・ロウレイロ著(マグノリアブックス)』を読んだ。スペインの小説家の作品は初めてかもしれない。推理小説と思って購入したら、ちょっと違っていた。 ネタバレ注意です。 タイトルに『最後の乗客』とあるが、ざっくりいうと豪華客船の…

枚方・宮之阪おすすめの洋食屋さんとコーヒーショップ

少しだけ遠出をして枚方へ行ってきた。枚方へ行くときは京阪電車を使うのだけれど、初めて交野線の宮之阪へ行った。行ったことのない駅は普通の駅でも気持ちが上がる。さて、その宮之阪駅から徒歩で5分ぐらいのところにある洋食屋さん『洋食かりん』に入っ…

江戸川乱歩お気に入りの推理小説

『トレント最後の事件(E・C・ベントリー著/創元推理文庫)』を読んだ。原題は『TRENTS LAST CASE』で1913年に発表された作品だ。書店で本の帯に一目惚れして買ってしまった。「乱歩が惚れた大傑作」とあればつい手にしてしまう。この「トレント最後の事件…

ボーダーライン

映画『ボーダーライン(2015公開)』を観た。作品の舞台が基本的にメキシコの無法地帯なのではらはらしっぱなしだった。主役はエミリー・ブラントだった。エミリー・ブラントにはあまり詳しくないが、他にベニチオ・デルトロが出ていた。主役ではないと言わ…

ロブスター

映画『ロブスター(2016公開)』を観た。この個性的なタイトルと出演者の中に好きな俳優さんがいたので選んだ。『たかが世界の終わり』やフランス版『美女と野獣』のレア・セドゥが好きなのだけど、今回も奇抜な役でなかなか良かった。その他、コリン・ファ…

おすすめの青春映画

映画『ぼくとアールと彼女のさよなら(2015公開)』を観た。さわやかでありながら適度に笑えるところもあって何ともいえないような良さがある作品だった。何ともいえない理由は主役のグレッグが高校生で、はたから見れば一番楽しそうと思えるのに、いまいち…

SPOT LIGHT

映画『スポットライト/世紀のスクープ(2015公開)』を観た。マサチューセッツ州ボストンで実際に起きた事実を元にしている。出演者は『きみに読む物語』レイチェル・マクアダムスが出演している。いつもかわいい役が多いけれど、今回の記者役はかっこいい…

HOW TO BE SINGLE

映画『ワタシが私を見つけるまで(2016公開)』を観た。原題は『HOW TO BE SINGLE』で例によって舞台はNYだった。アメリカの映画と言えばハリウッドかNYかになってくるから仕方ない。コメディでとてもおしゃれな作品だ。 ネタバレ注意です。 主役はダコ…

ウソはホントの恋のはじまり

映画『ウソはホントの恋のはじまり(2016公開)』を観た。主演はジャスティン・ロングで、特に意識していないけれど気がつけばジャスティンの作品を選んで観ているので、潜在的に好きなのかもしれない。不器用でかわいい男性を演じることが多いように思うけ…

ハイキャッスル屋敷の死

イギリスの作家であるレオ・ブルースが書いた推理小説『ハイキャッスル屋敷の死(扶桑社)』を読んだ。1958年の作品(「A Lose For the Hangman」)なのだけれど、まったく古さを感じない、まるで最近起きた事件のように楽しんで読めた。 ネタバレ注意です。…

パーフェクト・ルーム

映画『パーフェクト・ルーム(2014公開)』を観た。アメリカの映画で、2008年にベルギーで製作された『THE LOFT』のリメイクなので、原題は『THE LOFT』である。タイトル通り『部屋』がテーマになっていて、サスペンススリラーと呼ばれるジャンルなので怖い…

稀代の推理作家の挑戦状

映画『アサイラム/監禁病棟と顔のない患者たち(2016公開)』を観た。アメリカ映画だが、作品の舞台はイギリスだった。『パール・ハーバー』のケイト・ベッキンセールや『ラスベガスをぶっつぶせ』のジム・スタージェスが出演している。ケイトは久しぶりに…

ドームでの野球観戦

昨日、京セラドーム大阪で阪神ヤクルト戦を観てきた。いつもは甲子園で観るけど、今回は京セラドームだった。ここで観戦するのは初めてだし、しかも開幕戦!テンションが上がってしまった。 開幕戦はプレゼントが日替わりでもらえるのだけど、昨日はTシャツ…

愛しき人生のつくりかた

『愛しき人生のつくりかた(2016公開)』を観た。フランス映画だ。家族の物語でまったりとした空気の作品で、テーマとはまったく逆のような不思議な感じがした。そのテーマというのは短い人生の中での『選択』『出発』だと自分は感じた。 ネタバレ注意です。…

Mr.ホームズ

映画『Mr.ホームズ名探偵最後の事件(2015公開)』を観た。イギリス映画だった。今までシャーロック・ホームズをモデルにした作品は数多くあったけれど、この作品はひと味もふた味も違う。落ち着いていて、どことなく上品だと思った。 ネタバレ注意です。 ホ…

家族愛・友情がテーマの映画

映画『ヒップスター(2016公開)』を観た。アメリカのインディー映画界で有名な『ショートターム』のデスティン・ダニエル・クレットンが監督だ。この作品が大好きなので、かなり期待して観たけれど、期待はずれにならない作品で感動した。 ネタバレ注意です…

VICTORIA

映画『ヴィクトリア(2015公開)』を観た。ドイツの映画だった。あまりドイツの映画は観ないので新鮮だった。ベルリン国際映画祭でも受賞している作品のようでなかなか独創的で面白かった。 『ヴィクトリア』とは主人公の名前だ。作品は2時間ぐらいあるが、…

人生は狂詩曲

映画『人生は狂詩曲(2014公開)』を観た。ベルギー映画だ。特に意識してはいないのだけど、気がつけばベルギー映画を観ているような気がする。外れなく面白かった。コメディというくくりにされているので、笑えるのは約束できるが、ミュージカル映画でもあ…

大人の恋愛映画

映画『素敵なウソの恋まじない(2015公開)』を観た。イギリス映画で出演者がとても豪華だった。主演はダスティ・ホフマンとジュディ・デンチでコメディなのだけれどこんなにベテランが力を入れた作品は初めて観た。特に面白がらせるようなセリフは出てこな…

ブリュッセルが舞台の映画

映画『素敵なサプライズ/ブリュッセルの奇妙な代理店(2016公開)』を観た。タイトル通りベルギーのブリュッセルが舞台で素敵な街並みが出てくる。そしてある代理店が事の発端でラブストーリーが進行するラブコメディだ。 ネタバレ注意です。 主役のヤーコ…

art and craft

映画『美術館を手玉にとった男(2015公開)』を観た。アメリカで実際にあった事件の関係者を追ったドキュメンタリー映画だ。全米の20州46の美術館が被害にあった贋作の絵画を美術館に寄贈した事件の贋作の作者マーク・ランディスが主役として出演してい…

最近読んだ推理小説の続編

ジャック・ルーボーの『麗しのオルタンス』が面白かったのですっかりファンになり続編の『誘拐されたオルタンス(創元推理文庫)』を読んだ。相変わらずの登場人物の多さに頭を使い、ちょっと疲れたけれど、読み終わるととんでもなくすっきりするのでおすす…

新しい愛の形

映画『神様なんかくそくらえ(2015公開)』を観た。R指定でタイトルもなんとも刺激的な感じだけれども、内容はそれを上回ると思う。しかし、東京国際映画祭でグランプリを受賞するほど評価されている作品だ。実話をもとにした映画で、ドキュメントとフィク…

コメット

映画『コメット(2015年公開)』を観た。主役のデルを演じたジャスティン・ロングとキンバリーを演じたエミー・ロッサムの演技がすばらしかった。SFファンタジーで基本的に主役の二人しか出てこないのだけど演出がすばらしくて二人だけに見えない。二人の…

マン・アップ

イギリス映画『マン・アップ/60億分の1のサイテーな恋のはじまり(2016公開)』を観た。イギリス映画はもともと大好きなのでとてもおもしろかった。サイテーとあるが大人のピュアな恋愛映画だ。出会い方が変わっているだけで。 主役のナンシーを演じるレ…

リザとキツネと恋する死者たち

映画『リザとキツネと恋する死者たち(2016公開)』を観た。ハンガリー映画だ。恋愛映画だと思って観るとちょっと裏切られるかもしれない。ブラックユーモアが利いていてパンチ力があるので注意が必要だ。 ネタバレ注意です。 舞台は1970年代のブダペストで…

久しぶりに読んだ推理小説

小説『麗しのオルタンス』(創元推理文庫)を読んだ。こんなに頭を使って読んだのは久しぶりかもしれない。作者のジャック・ルーボは数学者とあって今まで読んだ推理物と少しテイストが違うと感じた。登場人物がとにかく多くて頭を整理するのが大変だった(…

ミュージアム

最近ちょっと怖い映画にはまってしまって映画『ミュージアム(2016公開)』を観た。小栗旬さんや妻夫木聡さんなど人気の俳優さんが出ているので映画館で観た方も多いかも知れないが、私はちょっと機会を逃してしてしまったので家で観た。家で観た方が結果的…

神様メール

映画『神様メール(2015公開)』を観た。ベルギー・フランス・ルクセンブルグの共同制作の映画だった。フランス映画をよく観るので何人か知った俳優さんが出演していた。一番有名なのはカトリーヌ・ドヌーブかなと思うのだけど女神を演じたヨランド・モロー…

ハッピーエンドの選び方

映画『ハッピーエンドの選び方(2015公開)』を観た。イスラエルの映画だ。イスラエルの映画を観たのは初めてかも知れない。ベネチア国際映画祭で観客賞を受賞した作品だが、こんなに泣いて笑ってをひたすら繰り返す映画は珍しい。なぜ泣き笑いをするかとい…

最近観た韓国映画

映画『あいつだ(2016公開)』を観た。韓国映画だ。主演のジャンウを演じるのはチュウォン、シウンを演じるイ・ユヨンなど恐らくとても人気の俳優さんだと思うのだけど韓流スターにはかなりうといので全然分からなかった。イ・ユヨンさんはちょっと好みだっ…

ハロルドが笑うその日まで

北欧の映画が好きなので、映画『ハロルドが笑うその日まで(2016公開)』を観た。ノルウェーの映画だ。まず、脚本がすごく斬新でおもしろいと思った。有名大型家具店IKEAが出てくる。 ネタバレ注意です。主人公のハロルドはノルウェーのオサネの町一番の…

ルビー・スパークス

先日観た恋愛映画が少し明るさに欠けていたので、気分を変える為に『ルビー・スパークス(2012公開)』を観た。夢があるラブコメディだ。出演者はあまり知らない俳優さんが多かった。唯一知っているのは、アントニオ・バンデラス(主人公の義父役)だけだっ…

恋に落ちる確率

最近、恋愛について考える機会があったので、映画『恋に落ちる確率』を観た。急に観たくなった。2003年に公開されたデンマークの映画だが今観ても古さはまったく感じない。むしろ新しい感じがする。いい映画はだいたいそうだ。 ネタバレ注意です。 タイ…

おすすめの天丼屋さんと癒しのカフェ

京都市中京区の寺町商店街の中にある『天丼まきの京都寺町店』に行って来た。店名が好きで店の前を通る度に「ま~きの」と小栗旬風に呼んでしまう。休日はもちろん、平日でも外で待っている人がいる人気店だ。今日も20分ぐらい待って入った。 『天丼まきの…

ちはやふる 上の句/下の句

日本アカデミー賞を引きずっていて、広瀬すずさんが主演女優賞でノミネートされた映画『ちはやふる 上の句/下の句』を観た。原作は末次由紀さんの同名のコミックで、原作の大ファンなのでちょっと観るのが怖かった。原作とちょっと違うと思ったけれど、映画…

64ロクヨン

先日、日本アカデミー賞を見たので、佐藤浩市さんが主演男優賞を取られた映画『64ロクヨン』の前編/後編がすごく気になって観た。原作は横山秀夫さんの同名の推理小説だ。また機会があれば原作も読みたい。 出演者は豪華だった。主演の三上を佐藤浩市さん…

東京ウィンドオーケストラ

もともと、映画は大好きだけど、最近特におもしろい。2月、3月はアカデミー賞や日本アカデミー賞で好きな映画作品、監督、俳優さんが紹介されたり、受賞するのが見られるからだ。昨日も『湯を沸かすほどの熱い愛』で宮沢りえさんと杉咲花さんが、妻夫木聡さ…

キセキーあの日のソビトー

昨日、映画の日だったので、映画『キセキーあの日のソビトー』を観てきた。出演は松坂桃李さん、菅田将暉さんなど若手から小林薫さん、麻生祐未さんなど実力派の俳優さんまで幅広かった。 ネタバレ注意です。内容はGReeeeNの誕生するまでの実話を作品にして…

インスタント沼

映画『インスタント沼(2008公開)』を観た。監督は三木聡さんで主演は麻生久美子さんだ。麻生さんが好きでいろいろ作品を観たけれどこの作品は一番コミカルな役だと思う。その他、加瀬亮さん、風間杜夫さん、松坂慶子さんをはじめ、ちょっとした役でも宮藤…

映画『愚行録』

先日、映画『愚行録』を観てきた。出演は妻夫木聡さん、満島ひかりさん、小出恵介さんなど人気のある俳優さんばかりだった。衝撃的な内容だったので、貫井徳郎さんの原作も読んでみた。大体は原作通りだったけれど、改めて文字で読むと怖さが増した。 ネタバ…

職人が握るお得なお寿司のランチセット

お寿司が好きなので、大阪枚方市の『弁慶寿司』に行って来た。 カウンター席、テーブル席、座敷とあってお寿司屋さんというよりは、寿司居酒屋という雰囲気で、お寿司以外のメニューも豊富で近所にあれば飲みに行きたいのだけれど、少し距離があるのでいつも…

最近観たイギリス映画

先日、映画『ミス・シェパードをお手本に』を観てきた。まず、このタイトルの『お手本に』がどういうお手本になるのか期待して観たのだが、絶対にお手本にしてはいけない『お手本』だった。 主演はハリーポッターシリーズで有名なマギー・スミス。作品として…

バレエボーイズ

映画『バレエボーイズ』を観た。バレエ映画の『リトルダンサー(2000年公開・英)』の大ファンなので、この作品も主役が同じように少年のバレエダンサーで、ドキュメンタリーなのだけれど似たところがあってとてもおもしろかった。元々、バレエは女性がメイ…

映画『たかが世界の終わり』

今日、映画『たかが世界の終わり』を観てきた。タイトルのインパクトがすごくていったいどんな作品なのか前から気になっていた。監督・脚本は自身も俳優として活躍するグザヴィエ・ドラン。今回は本人は出ていないのだけれど、出演者が全員すごかった。主役…