読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『こころに剣士を』

先日、映画『こころに剣士を』を観てきた。ずっと楽しみにしていた映画だ。スウェーデンの映画で、クラウス・ハロ監督の作品だ。この監督の作品は初めてだったが本当に良かった。

ネタバレ注意です。

舞台は1950年代のエストニアの小さな町だ。そこにソ連の秘密警察に追われる元ドイツ兵のエンデルが身分を隠して教師として小学校に赴任してくる。
専門は経済学で、特技はフェンシングだ。体育クラブの顧問を任されて、スキーの授業を考えていたが、ソ連軍に没収されて授業自体に困ってしまう。
考え事をしながら、フェンシングの素振りをしていたところ、女学生のマルタに「それを教えて欲しい」と懇願されるが、以前校長に「労働者階級には向かないスポーツだ」とも言われていた為、「一人ではできないよ」と断るが、マルタの熱意であっという間に多数の部員が集まる。そしてフェンシング部ができる。みんなフェンシングに夢中になる。校長や軍にフェンシング部を廃部するように言われたりすることもあったが、町民は子供たちがやりたいことを応援したいので会議で意見しなんとか存続していく。戦争で父親や家族を失っている子供たちはエンデルを父親のように感じはじめ、そしてエンデルもいつしか未来に光を見るようになり、逃げてばかりの人生をやめようと思うようになっていく。

主人公のエンデルは実在の人物でエストニアの「フェンシングの父」と呼ばれている。子供たちがレニングラード(この地で指名手配されているのだが子供たちと向き合うために同行する)の全国大会に出場し、チーム戦をするシーンが見ていて涙するほど熱い気持ちになる。映画の中でエンデル自体がフェンシングで戦うシーンはなかったのだが、子供たちと共に戦っているのが自然と伝わる。

フェンシングには今までそこまで興味がなかったが、駆け引きがあってすごくおもしろいスポーツだと思った。あと子役でマルタ役のリーサ・コッペルの演技がすばらしかった。
公開初日に行ったが、満席でエンドロールまで周囲の人がハンカチを離せなくなるほどの盛り上がりだった(もちろん私も)。大好きな作品がまた一つ増えた。