映画『マギーズ・プラン』

今日、映画『マギーズ・プラン』を観てきた。出演はグレタ・カーウィグ、イーサン・ホークジュリアン・ムーアなど素敵な俳優さんばかりだった。監督はジョー・スワングバーグ(低予算でもごもご話す会話劇のマンブルコアと呼ばれるマンブル派)で、舞台がニューヨークである単なるニューヨーク映画ではなくウディ・アレンを代表するようなニューヨーク派とよばれるような作品だった。女優さんの衣装もおしゃれでリノベーションしたような部屋のインテリアもとても参考になった。

ネタバレ注意です。
内容はざっくりと言えば、不倫がテーマになっていた。グレタ演じるマギーは30代の大学職員でパートナーはいないが、子供が欲しいので、大学の同級生から精子の提供してもらい人工授精をしようとするが、同時期に職場の人類学者のジョン(イーサン・ホーク)のことが好きになってしまう。既婚者であるジョンは妻の大学教授のキャリアウーマンのジョーゼット(ジュリアン・ムーア)との間に2人の子供がいるが自分よりも社会的に認められていて家庭より仕事を大切にしている妻とうまくいっていない。離婚を考えている時にマギーに出会い好きになって、人工授精ではなく自分の子供を産んで欲しいと告白し、マギーは結果的にジョーゼットからジョン奪ってしまう。

ここまでだとよくあるどろどろした不倫劇だが、マギーもジョーゼットも女性からみると全然憎めないキャラで実にあっさり話は進む。マギーは自分とジョンの子供を産み、さらに前妻の子供二人の世話もしっかりして、仕事も続け、ジョンの小説家になる夢を応援して家計まで支える。ジョーゼットも略奪された方なのだが、子供の世話をしてくれているマギーに感謝して、あいかわらずバリバリ仕事をしている。そして、会って話してみて、お互い、憎み合うどころか魅力的な人だと思ってしまう。そして、マギーはジョンに愛情が感じられなくなってきていることに気づき、できればジョーゼットとジョンが元の関係に戻って欲しいと思うようになる。というような話だった。

前半ではジョンはとにかくイケメンで一流の学者でかっこいいイーサンのイメージにぴったりだと思うのだが、後半になると急に何とも情けない、甘えん坊のダメ男に変化する。そして自立した二人の女性の人間性の良さかっこ良さが前面に出てくる。

人工授精が思いの外カジュアルに描かれていたりびっくりするところもあったが、大半は恋愛とは結婚とは何?という共感できる中身で、とてもおもしろかった。自分的にはイーサンの出演作で『大いなる遺産』が一番好きだったけどこの作品も同じぐらい良かった。