読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キセキーあの日のソビトー

昨日、映画の日だったので、映画『キセキーあの日のソビトー』を観てきた。出演は松坂桃李さん、菅田将暉さんなど若手から小林薫さん、麻生祐未さんなど実力派の俳優さんまで幅広かった。

ネタバレ注意です。
内容はGReeeeNの誕生するまでの実話を作品にしている。まるでライヴにでも行ったような臨場感があり、代表曲『道』『キセキ』に併せてストーリーが進行して、曲を作り出す気持ちまで伝わってきた。
実はGReeeeNにはうとくて、作品で知ることが多かった。
菅田将暉さん演じるヒデには松坂桃李さん演じるジンという兄がいてメタルバンド『ハイスピード』の元ボーカルで、作品中、松坂さんが歌っているのだけど、とにかくかっこいい。
小林薫さんが演じるのはジンとヒデの父親の役だった。医師で子供には同じ職業に就いて欲しいという気持ちが強く、厳格な性格でジンのバンド活動が気に入らなくて、きつく当たる。ジンは『ハイスピード』としてメジャーデビューを果たすけれど、方向性で揉めて辞めてしまう。

その頃ヒデは歯科医師を目指し大学で学びながら、もともと音楽に興味があったので大学の友人とGReeeeNを結成する。ジンは弟が作った曲を聴く機会があり才能が絶対あると感じて、自分が仕事で関わったディレクターにヒデの曲を持ち込みデビューがすぐ決まる。厳格な父親とジンが病院で衝突する場面で、父親に「音楽では医者にはかなわない」と言われる。それに対して「心の医者になる」と答えるところでは熱くなった。その後、ヒデが本格的に活動することになり長期で家を離れる時に、父親は自分の患者からGReeeeNの評判を聞いていたが知らないふりをしてヒデに「GReeeeNのようになれよ」と声を掛け、認めたことを伝えるところが粋で素敵だった。

作品はヒデが歯科医師として働くところで終わる。歯科医師と音楽を両立させて成功しているのは有名な話だったけれど、実は周囲の理解を得るためにかなり努力していて、華やかなだけではないことがよく分かった。
サブタイトルにもなっている「ソビト」は素人、空人、自由にチャレンジする気持ちを表現している曲だ。歌詞がすごく響いた。
いまさらだけどGReeeeNがとても気になる。