ミュージアム

最近ちょっと怖い映画にはまってしまって映画『ミュージアム(2016公開)』を観た。小栗旬さんや妻夫木聡さんなど人気の俳優さんが出ているので映画館で観た方も多いかも知れないが、私はちょっと機会を逃してしてしまったので家で観た。家で観た方が結果的に怖かったかもしれない。
同名のコミックが原作で監督は大友啓史さんだ。大友監督の作品はTVでは『竜馬伝』、映画では『るろうに剣心』『秘密』が思い浮かぶ。スピード感のあるかっこいい作品が多い。

ネタバレ注意です。
内容はホラーだった。主人公である刑事である沢村(小栗旬さん)がある連続殺人事件に遭遇し、その事件を追っていくと自分の家族が狙われていることに気づく。そしてある裁判員裁判裁判員に選ばれた人物が殺害されているという共通点が見つかる。殺害方法が残忍過ぎて、直視できない場面が多かった。

犯人がわざと証拠を残すことで連続性規則性が分かっていく。(「ドックフードの刑」「母の痛みを知りましょうの刑」「均等の愛の刑」「ずっと美しくの刑」「針千本飲ますの刑」など書かれた紙切れが必ず現場に置かれている。)そして沢村の妻の遥と息子の将太もついにさらわれて現場には「お仕事見学の刑」と書かれた紙切れが見つかる。沢村は家族が事件に関わってしまったことで事件から外されるのだけど、なぜか逆に犯人が挑発するかのように近づいてくるようになる。犯人と思われる男はいつでもカエルのマスクをつけていて出歩いている。逆に目立つだろうと思ったりしたけれどそれには理由があるという設定だった。

最近、韓国映画で怖い映画を観たばかりだけれどこれも相当怖い。でも見応えは十分なのでおすすめしたい。