最近読んだ推理小説の続編

ジャック・ルーボーの『麗しのオルタンス』が面白かったのですっかりファンになり続編の『誘拐されたオルタンス(創元推理文庫)』を読んだ。相変わらずの登場人物の多さに頭を使い、ちょっと疲れたけれど、読み終わるととんでもなくすっきりするのでおすすめだ。この感じにはまってしまう。

ネタバレ注意です。

前回の『麗しのオルタンス』は〈金物屋の恐怖〉、〈洗濯屋の喧嘩売り〉が話の大筋になっていて犯人は捕まっていないのだけれど、今回読んだ続編『誘拐されたオルタンス』を読むと解決するかもしれない。そして先の二つの事件に加え、シトワイヤン通りにある(だいたいこの辺りの話である)聖ギュデュール教会でついに殺人事件が起こる。厳密に言えばここのオルガン奏者であるシヌルス神父の愛犬のバルバストルが殺されるのだけど、ここでは殺人事件とあえて呼んでいる。そしてタイトルになっているこの話の主役であるオルタンス(哲学専攻の女子大生)が巧妙な手口で誘拐されてしまう事件が追加されどんどん話は複雑になっていく。登場人物も前回登場した人に加えさらに増える。〈美青年〉が9人プラスされる。

1ギュデュール・バーの新しいギャルソン/2デュポン・デュヴァルというバンドのヴォーカルであるトム・バトラー/3シェラロッキスジュク・ホラメシジュディ警部/4ローリー(オルタンスの赤毛の友人)の変わった事業の共同経営者ジム・ウェダーバーン/5グロワッシャン夫人のパティシエの青年、ステファーム/6バルバストルの友人のCMの青年7ー8聖ギュデュール教会の鐘つきに雇われたモリネ・ジャンとクレタン・ギョーム/9〈Hi Hi〉というバンドのヴォーカルのマルタンスコイ 
の9人で、これがまた顔形がそっくりで見分けがつかない。そして全員がある国の出身が疑われていてブロニャール警部がひとりひとりの特徴を見抜き事件解決の糸口にしていくところがドキドキして話に引き込まれてしまった。
ちなみに前作に出てくる、アレクサンドル・ウラディミロヴィッチは行方不明という設定で、代わりにオテロという黒猫が出てくる。

ジャック・ルーボーの作品は、推理小説の中にジャック・ルーボー自身が作家として出版社の編集者とのやりとりをした章も組み込まれていて、登場人物と作者と読者がまるで同じ小説の中にいると錯覚するように創られていてとても不思議だ。是非、この小説の中に入って不思議な体験をしていただきたい。

 

誘拐されたオルタンス (創元推理文庫)

誘拐されたオルタンス (創元推理文庫)