読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロブスター

映画『ロブスター(2016公開)』を観た。この個性的なタイトルと出演者の中に好きな俳優さんがいたので選んだ。『たかが世界の終わり』やフランス版『美女と野獣』のレア・セドゥが好きなのだけど、今回も奇抜な役でなかなか良かった。その他、コリン・ファレルレイチェル・ワイズなど有名人を作品の中で見ることができる。どうやら近未来を描いた作品らしく、近々本当にこうなるとしたら悲劇的と思うのだけれど、何しろ演技派の俳優陣を集めて高い完成度で作り上げているので、おもしろい。

ネタバレ注意です。

この作品のテーマは『婚活』だと最初に気付くのだけど、『ブリジットジョーンズの日記』のように甘くない。主役であるデイビッド(コリン・ファレル)がある高級なリゾートホテル風婚活施設に行くところから話は始まる。ここの施設がかなり変わっている。45日以内にパートナーを見つけることが目的なのだけど、見つけられなかった時に動物に変えられてしまうとういう。その動物は自由に選べて、デイビッドは『ロブスター』を希望する。かなりリスキーなゲーム感覚の婚活だ。

そして、滞在期間を延長させるには、近所の森で独身を狩り、狩った人数分日数が延長されるシステムだ。基本的に宿泊施設と森と町しか出てこない。宿泊施設ではおいしそうな食事、講義など興味のわくイベントが毎日繰り返されるが参加する人間からはちっとも感情が見えない。クールとはちがう別の感じでどんどん怖くなってくる。SFからホラーに変化する瞬間があるので必見だ。一方で狩りが行われるぐらいなので森にも住人がいる。そしてそこは独身しかおらず、そこのリーダーをレア・セドゥが演じている。ここの生活も厳しい。いろいろ規則があって、自由がない。たまに、町に買い物などのために行くのだけれど、ここはここで身分証の提示が求められたりして警備が厳しい。この映画に登場する人物には自由がないことに気づき、最後には人事に思えずデイビッドは一体どうすれば解放されるのか本気で考えてしまう。

監督はギリシャ出身のヨルゴス・ランティモスでカンヌ国際映画祭では『ロブスター』で審査員賞、『籠の中の乙女』ではある視点賞、ユース賞を受賞している天才だ。全体的に上品で、静と動、光と影、フランス語と英語みたいに対象的なものが同時に見られるような不思議な作品であまり他にないと思うので、このちょっと変な感覚を是非体験してみて欲しい。

 

ロブスター(字幕版)

ロブスター(字幕版)