読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーダーライン

映画『ボーダーライン(2015公開)』を観た。作品の舞台が基本的にメキシコの無法地帯なのではらはらしっぱなしだった。主役はエミリー・ブラントだった。エミリー・ブラントにはあまり詳しくないが、他にベニチオ・デルトロが出ていた。主役ではないと言われてもついつい彼を見てしまう。相変わらずの存在感だった。役どころもそんな感じだった。

ネタバレ注意です。

エミリー・ブラント演じるケイトはFBIの誘拐即応捜査班のリーダーで、ある誘拐現場に突入し、そこで爆破事故に遭う。ある日、上司に呼ばれ麻薬組織であるソノラ・カルテルの捜査班に抜擢される。爆破された現場がたまたま組織と関わりがある家で、そこで部下を失ってしまったくやしさから、黒幕を逮捕し二度とこのようなことが起こらないようにという気持ちから了承してしまう。そこで紹介されたマッドという草履の男やその仕事仲間のアレハンドロ(ベニチオ・デルトロ)の正体がいまいち分からない。もやもやする。

国務省の関係としか知らないまま、最初の仕事に取りかかるが、まず行き先が聞いていた場所とちがう。メキシコに行くことになる。飛行機で行くのだけれど、「南米って広い!」と思える平野の景色が作品の中で見られる。メキシコには行ったことはないけど、アメリカでデンバー経由でラスベガスに行った時にちょうどそんな景色をみて驚いたことを思い出した。
フアレスという野獣の町と表現されるところに連れていかれるのだけれど、そこは無惨な死体がそこら中にあり、民間人がいるところで普通に銃撃戦が行われニュースにもならない。戦場にも行き、今までの部隊で失敗をしたことのない優秀なケイトでもさすがに動揺する。米国とメキシコがあまりにも違うからだ。そして、ケイトは指名されてメキシコまで赴いたのに、作戦の内容を知らされない。聞いても、黙って見とけだの何だのと言われてしっくりこない。ただただ巻き込まれていく。作品の最初にアレハンドロがケイトに「何もかも疑うだろう。でも最後には理解する。」と言う場面があって、その台詞が作品を観ている間ずっと頭を離れなかった。

推理物だけれどケイトの職業柄、戦闘シーンがたくさんある。その映像がきれいで自分がそこで戦っているような(ゲームでありそう)臨場感たっぷりの撮り方をしていて見所の一つだと思う。R指定の作品なので少し注意が必要だが見終わったときの満足感はあると思う。

 

ボーダーライン(字幕版)