メン・イン・キャット

映画『メン・イン・キャット(2016公開)』を観た。タイトルだけ見ると子供向け?と思ってしまうけれど、アカデミー賞俳優のケビン・スペイシークリストファー・ウォーケンが出演していてかなり本格的で贅沢なコメディだった。

ネタバレ注意です。
名優ケビン・スペイシーが演じるのは〈ファイアーブランド〉という会社のCEOのトム・ブランドという人物でこの人が魅力的だった。仕事人間なのだけれど遊び心いっぱいでスカイダイビングをしたり車もスポーツカーを自ら運転する。航空会社、小売チェーン、電話会社など経営しているが今はタワー建設に夢中で少年のようなこころを持つおじさんだ。北米一の高さの「ファイアーブランドタワー」を建設中でライバル会社の「パラゴンタワー」と高さを争っている。現在同族経営で中には株式公開しよう意見する部下(イアン)もいたりするがワンマン経営で成り立っている。

そんな時、トムの娘が誕生日が近いのでプレゼントに〈猫〉が欲しいと言い出す。あまり〈猫〉が好きでないトムだったが毎年同じプレゼントをせがむ娘についに折れ、猫専門店『パーキンス』に行く。ちょっと普通じゃないペットショップで『グレムリン』を思い出した。そこにいる店主がクリストファー・ウォーケン演じるその名もパーキンスですごくいい。もともと個性的な俳優さんだけど、とにかく気になる。目立つ。なんでも演じることができるんだなあと感心した。そこでフワフワの猫に逆指名されて買って帰る。その帰りに事故が起こり、なんとトムとその猫(エサ皿にちなんでファジーパンツと命名される)の中身が入れ替わってしまうというちょっとSFっぽい話だった。

猫のファジーパンツがかわいい。ずっと見ていたくなる(ロシア産のサイベリアンフォーレスト・キャットという猫種らしい)。演技と明らかにCGのところがあるけどSFと思えば全然気にならない。中身が変わってからはケビン・スペイシーがファジーパンツのナレーションをするのだけれど、おじさんの声とのギャップがかわいい。やっぱりケビン・スペイシーなにやってもうまい。何とか家族に自分がトムであることを知らせる為に猫なりにがんばるところや父親として見えてなかったもの、例えば家族や社員のことが猫目線で初めて理解できたりする場面があってコメディでもちょっと感動してしまった。トムは最初の事故で大半は昏睡状態でその分ファジーパンツが大活躍する。監督のバリー・ソネンフェルドは猫アレルギーらしいので「猫好きによる猫好きのための映画」とは言えないかもしれないけど私はかなり好きになった。