読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PK

映画『PK(2014公開)』を観た。インド映画で『きっとうまくいく』のラージクマール・ヒラーニが監督をしている。インド映画にあまり詳しくないけれど今まで観た中では一番おもしろかった。インド映画に多いミュージカルな感じもしっかり入っているしなんと言ってもタイトルにもなっている主人公『PK』が宇宙人であるという奇想天外なストーリーに加えインドにどどまらずベルギーも舞台として出てくる。出演の俳優さんはまったく知らなかったけれどみんな印象に残る素敵な人ばかりだった。とくにジャグー(ジャガト・ジャンニ)を演じたアヌシュカ・シャルマがかわいいと思った。

ネタバレ注意です。

冒頭のシーンはPKが宇宙船でインドのラジャスタンというところに降り立つ。宇宙人で地球のことを何も知らないPKはいきなり最初に会った地球人から盗難被害にあう。命の次に大切な宇宙船との連絡用のリモコンを盗まれる。そしてかわりにラジカセを奪うのだけど、何せ全裸で言葉も分からない上助けてくれる人も最初はいない状態で随分と苦労する。一見変な人(宇宙人)に見えるが本来賢くて勉強家なので貨幣の価値や言葉、一般常識を次々と勉強する。

PKが地球に来た同日にジャグーはベルギーのブルージュにいる。TV制作の勉強に来ていて俳優アミターブの詩の朗読会で偶然出会ったラジャスタンと恋に落ちる。ラジャスタンは建築を勉強しに来ているパキスタン人で宗教の違いからジャグーは家族に交際を反対される(父親が宗教に熱心で何でも導師に相談するのをジャグーは嫌がっている)。
結局、結婚には至らず地元インドのニューデリーに戻りテレビ局の報道の仕事に付く。そこで「神様捜しています」という内容の派手な黄色のちらしを配る一風変わった風貌のPKを見つける(目立つ様に黄色のヘルメットをかぶっている)。

そこでこれはネタになるとジャグーは声をかけて宇宙から来てリモコンを無くして家に帰る為に探していることや誰に相談してもおまえはPK(よっぱらい)か!(これがきっかけで自分の名前はPKと名のるようになる)どうしたらいいかは神様に聞けと言われること、そしてインドではたくさん宗教があって行く先々で違うことを言われることなどを聞く。ジャグーはPKがピュアで今ここで起こっていることについて分からない謎だと思っていること(「神様と人の間には代理人がいて連絡の回線のかけまちがいがある」という言葉にジャグーは共感する)が実に的を得ていることに気づきテレビ出演を勧める。

ミュージカル映画なので挿入歌がすごく良かった。PKがジャグーを励ますために体操を教えるシーンがあってその歌一番良かった。「ムダな時間が好き」という内容で歌詞がかわいかった。
作品は2時間半ほどあるがテンポがよくて長さはまったく感じなかった。伝えるのが難しいが、とにかく展開がまったく読めなくていい意味で裏切られる。ミュージカルやインド映画はちょっと苦手という人もテイストが違うので絶対楽しめると思う。リモコンの行方やPKがどうなるのかは是非、作品で!

 

【Amazon.co.jp限定】PK ピーケイ(非売品プレス付き) [DVD]

【Amazon.co.jp限定】PK ピーケイ(非売品プレス付き) [DVD]