帰ってきたヒトラー

映画『帰ってきたヒトラー(2015公開)』を観た。ドイツの映画でヒトラーとはアドルフ・ヒトラーのことだ。監督はデヴィッド・ヴェンドで私は知らなかった。出ている俳優さんも監督の意向であえてあまり知られていない俳優さんをヒトラー役に選んでいるようで主演のオリバー・マスッチのことは見たことがなかったがヒトラーになりきった役作りをしていたと思う。ヒトラー自身が書いた『ヒトラー第二の書~自身が刊行を禁じた「続・わが闘争」』を読みジャーナリストのティムール・ヴェルメシュがこのストーリーを思いついて書いた同名小説が原作だ。ベストセラーなので日本でも舞台になっていたように思う。

ネタバレ注意です。

ヒトラーが現代にタイムスリップしたら?という斬新な内容だった。最初に地上に現れて、自分自身が生きていることに驚き、異変に気づき、今何年かを知りたいと周囲の人に話かけるも、軍服姿のヒトラーのコスプレに見えてしまい避けられてしまう場面はちょっと笑ってしまうかもしれない。露店で倒れて、そこにかくまってもらい売り物の新聞をただで読み何とか現代の世界情勢を読みとるところはさすが総統!と思ってしまう。周囲の人は本人を意識したそっくりさんだと思われるのでどの言動もあたたかい目で見られる。

ある日、テレビ局でリストラにあったファビアン・サヴァツキに声をかけられる。ヒトラーのそっくりさんとドイツを巡る番組を制作してもう一度雇ってもらおうと考えて、行動をともにし始めるのだけれど、ヒトラーが思っている独裁的なイメージと全然ちがってちょっとチャーミングに見える。テレビに出演するためにテレビ番組を勉強の為に見るのだけれど、なぜ料理が番組になるのか不思議に思ったり、品のない番組に真剣に怒ったりする。そしていろんな番組を見た結果、やっぱりこれからは政治がくると思って全土の国民に不満などを聞いて参考にしたりアドバイスしたり励ましたりするのだけれど、インタビューされる人も反感を持たれそうな外見のヒトラーに対してだいたいの人は友好的でその様子がかわいかった。

結果的にネットで話題になり、テレビ出演を果たし、最初に出演した「クラス・アルター」でさらに人気に拍車がかかる。この「クラス・アルター」は架空の番組なのだけれどその他の番組はドイツで実際にある番組が出てくるので注目だ。ヒトラーは政治家としては歴史に残るほどの人物なので、政党についてはすごくきびしくてネオナチ系極右といわれるNPDに対して期待感からかキツくあたるシーンがあって笑うに笑えなかった。ちなみに一押しだと言っているのがエコロジー政党の『緑の党』でちょっと意外でおもしろかった。原作とはちょっと違う点があってこの『帰ってきたヒトラー』をヒトラーが書いたことになったりしていてとにかくヒトラーが現代で大活躍する。ヒトラーはいつどこにいてもヒトラーなのでどうなっていくのか最後まで分からない。奇想天外でおもしろかった。