猫よん。

映画『猫なんてよんでもこない。(2015年公開)』を観た。監督は山本透さんで過去の作品では『グッモーエビアン』などがある。風間俊介さんやつるの剛さんや松岡茉優さんなどさわやかでどこか優しそうな俳優さんと二匹のかわいい猫が出演している。はちわれ猫のチンを演じたのりこは『4/猫(ねこぶんのよん)』というオムニバス映画にも出ていてちょっと知っていた。スター猫だ。黒猫のクロを演じたりんごの方は初めて見たけどかわいかった。
原作は杉作さんの実話を元にした同名の人気コミックらしいのだけれど、私はこの実写で初めて観た。

ネタバレ注意です。

風間さんが演じたのは杉田ミツオというB級からA級に上がれそうな端境期にいるプロボクサーだった。つるのさんが演じる漫画家の兄と同居していてボクシングの為に兄の手伝い以外は特になにもしていない。ある日、兄が捨て猫を拾ってきてしまう。元々犬派で猫が嫌いなミツオは反対するのだけれど、生活をみてもらっている兄に強引に説得されて不思議な同居生活が始まってしまう。メスをチン、オスをクロと名付けてミツオが中心に世話をするようになる。最初は渋々世話をしているのだけれど、ミツオとチンとクロが仲良くなって行く姿がすごくかわいかった。

基本的に人より猫の方が数多く出演していて、風間さんは作品中ずっと猫と一緒に演技をするのだけれど、お互いの存在を引き立てるような不思議な魅力があると思う。あまりにもキラキラし過ぎるとその人しか目が行かなかったりすることがあったりするのだけれど、風間さんはなんていうかあまりジャニーズっぽくなくて(悪口じゃないです)いろんな役ができそうな俳優さんだなあと感じた。実話なので単純に動物と暮らすのは楽しいという話ではなくて、ミツオが挫折して孤独を感じたり、無知な為に猫の飼い方を間違えて苦しんだりいろいろつらい場面を中心に描いてあって、ちょっと泣いてしまった。最近観た猫映画はアメリカ映画ばかりで猫の中にオジサンがいたり、ギャングに猫を奪われたりするようなちょっと現実味がない話ばかりだったので、久しぶりに邦画で観ると生活感があってほっこりした。他にもいろいろ癒し系の猫映画を探してみようと思う。

 

 

 

広告を非表示にする