ミモザの島に消えた母

映画『ミモザの島に消えた母/BOOMERANG(2015年公開)』を観た。フランス映画で監督はフランソワ・ファブラでローラン・ラフィット(『クリムゾン・リバー』など出演)とメラニー・ロラン(『グランドイリュージョン』『複製された男』など出演)が兄弟役で出演している。
タイトルにあるようにミモザの島のノアール・ムーティエ島と主人公が住むパリが舞台だった。とても景色が美しいのとは対照的に母親の死の謎を追いかけるミステリアスな話だった。

ネタバレ注意です。

ローラン・ラフィットが演じたアントワーヌはバツイチで娘たちとはたまにしか会えない上、妻にも未練があり仕事も建設業の現場で働くもうまくいっていない、さらに心に闇をかかえて定期的にセラピーに通う40代の男性だった。30年前にノアール・ムーティエ島で亡くなった母親が心のどこかでひかかっていることが原因でセラピーに通い続けている。父親も病んでいて祖母も昔のことだと言いあまり話さないし、妹のアガットもあまりにも小さかったためアントワーヌほど記憶がなくてみんなしてアントワーヌの方が病的なのだというような態度をとって、母親の話はいつしかタブーになってしまっている。それが逆にあやしいと普通は感じるのだけれど多勢に無勢で観ていてもやもやした。

母親の命日にアガットに誘われてアントワーヌは久しぶりにノアール・ムーティエ島に行き、当時使用人だったベルナデッドに話を聞くも案の定何も語らない。妹の仕事の関係で早めにパリに帰る途中で車の事故に遭い、入院した病院がたまたま母親の死体安置所だった病院で少しずつ30年前の記憶が戻ってくる。海で溺死したというには遺体が流れ着いた場所が対岸であったり、錆びて壊れたスイス製の高級時計が遺品として見つかっていて防水でない時計をしたまま、潮の流れや風に逆らったような場所で見つかったことがどうしても気になってしまい、これを解決しないかぎり今のこのうまく行っていない生活をかえることができないと考えて根気よく調べる。一番の相談相手は遺体安置所で死体処理の仕事をしているアンジェルでいい距離感でアントワーヌを支えて子供たちにも明るく接する。オドレイ・ダナという女優さん(『ゴールドハンター/600キロの金塊を追え!』『間奏曲はパリで』などの作品に出演)が演じているのだけれど、すごく魅力的な女優さんで一番気になった。監督としても活躍していて自身で監督した作品もあるようだ。
ヒッチコックのようなおもしろさがありとても好みだったので、ベストセラー作家のタチアナ・ド・ロネの原作の方も読んでみたいと思う。

 

 

ミモザの島に消えた母 [DVD]

ミモザの島に消えた母 [DVD]