ふきげんな過去

映画『ふきげんな過去(2016年公開)』を観た。監督は前田司郎さんで脚本も手がけていて、オリジナルのストーリーの作品だ。前田司郎さんは劇作家、俳優、小説家としても活躍されていて映画監督としては二作目で過去に『ジ・エクストリーム・スキヤキ』がある。
出演者は小泉今日子さん、二階堂ふみさん、高良健吾さん、板尾創路さんなど、個性的な俳優さんが多かった。

ネタバレ注意です。

舞台は東京だった。二階堂さんが演じたのは北品川に暮らす高校生の果子で祖母と父親、母親と住んでいる。その家が豆専門の食堂を営んでいて、いつもいとこのカナがいる。母親のレイの仕事の関係で夜泊まることもある。父親板尾創路さんが演じている。高良健吾さんは果子の行きつけの喫茶店の常連で果子が気になっている人だ。途中まで名前さえ分からない謎な男だ。果子は若いのになぜか生気がなく何事にも興味が持てずとにかく不機嫌だ。だから周囲の人間と話していてもどこか上の空で、全然噛み合わない(噛み合わないけど自然に話は進む)この噛み合わなさがこの作品の一番おもしろいところだと思った。ある日、果子の叔母である未来子が現れる。みんながすごく驚く。なぜなら死んだことになっている人だからだ。観客としてどうして死んだことになっているのかすごく気になるのだけれど、皆の会話が噛み合わないのでなかなか全貌が見えてこない。かたことの言葉から想像していかなければならない。おもしろくて会話劇の良さがすごく出ていた。下町の食堂で献立の下拵えなどしながら、ゆるい空気の中、ただ事じゃない話をする未来子とその家族から目が離せなくなった。果子は突然現れた、未来子が家に寝泊まりすることになりしかも果子と同室になって、最初は反抗する。反抗しながらも興味を持ってしまい、それまでの生気のなさは少しなくなる。不機嫌なのは変わらないけれど。そして、作品の途中で過去と果子そして未来と叔母の未来子という名前とタイトルが微妙にリンクすることに気づく。未来子が過去の自分を語るとどこか現在の果子に似ているからだ。なんとなく全体的にこんがらがってくる。高良健吾さんが演じる謎の男の正体が分かってくるとさらにこんがらがるかもしれない。でもそのこんがらがって噛み合わない感じがすごくおもしろかった。

 

ふきげんな過去

ふきげんな過去