俳優 亀岡拓次

映画『俳優 亀岡拓次(2016年公開)』を観た。監督は横浜聡子さんで過去には『真夜中からとびうつれ』『りんごのうかの少女』などのあるようだけれど、私はこの作品が初めてだった。映画が好きで転職して映画監督になられたのがすごく分かる映画だった。出演者は安田顕さん、麻生久美子さん、新井浩文さん、染谷将太さん、山崎努さん、三田佳子さんなど有名な俳優さんばかりだった。そんなすごい人の中で主役を演じたのは安田顕さんだった。TEAM NACSの中では大泉洋さんが一番好きで主演の映画やドラマをよく観たりしていたけれど、安田さん主演の映画ってどんな感じなんだろうとすごく興味があった。

ネタバレ注意です。

安田さんが演じたのはタイトルの亀岡拓次という俳優でしかも脇役のプロというちょっと難しそうな役所だった。深作欣二監督の『蒲田行進曲』とはシュチュエーションが似ているところもあるけれど全然ちがった印象を受けた。安田さんの脇を固めるのが普段主役をするようなビッグネームな俳優さんで映画の世界を全く逆の視点で描いていておもしろかった。また亀岡拓次という人間がすごく魅力的で安田さんにぴったりだった。人柄が良くて来る仕事は大体うけて少々難題を言われてもイヤな顔一つせず監督の指示通りに動くプロ意識がすごく強いから、仕事は次から次ぎへと来る。うまく出来ない主役に「教えてやって!」と監督に言われたりするぐらい信頼があつい。そしてめったにほめない監督が亀岡拓次の演技にしびれてほめたり声をかけるほどだ。

俳優の話だから、亀岡拓次の仕事に合わせて劇中劇のシーンがたくさんあっておもしろい。フィクションの映画作品がいくつかあって新井浩文さんや染谷将太さんが若手の監督を演じていてこんな人いそういそうと笑ってしまった。山崎努さんは巨匠の監督を演じていてご自身の経験がすごく生かされていてものまね(演技)の精度が高すぎてこの監督をまねてるんじゃないかな?といろいろ想像できて楽しかった。三田佳子さんはベテランの名舞台女優という本人さながらの役をコミカルに演じていた。『ガラスの仮面』や『W悲劇』のパロディみたいでおもしろい。ついに亀岡拓次は脇役を追求しすぎてついに海外のしかも自分が憧れている映画監督から指名でオーディションを受けないかとの依頼がきたりして意外とスケールの大きい話だった。脇役で光るタイプの人はけっこう芸能界に限らずけっこういるし自分もそういうタイプに目がいくのであながちない話ではないと感じた。亀岡拓次のそれからが気になるので、続編があれば観てみたい。

 

俳優 亀岡拓次 DVD(通常版)

俳優 亀岡拓次 DVD(通常版)