ヒーローマニア ー生活ー

映画『ヒーローマニア ー生活ー(2016年公開)』を観た。監督は豊島圭介さんで今回初めて作品を観させてもらってすごくファンになった。出演は東出昌大さん、窪田正孝さん、小松菜奈さん、片岡鶴太郎さん、船越英一郎さん、山崎静代さんなどすごく豪華と思うと同時にすごく多彩で二面性のようなものを持つ俳優さんを集めたなという印象受けた。東出さんは若く見えるけれどパパだったり、窪田さんは演技派で優しそうな雰囲気だけれど脱ぐと筋肉がすごかったり、小松さんは文句のつけようもない美人なのに映画『渇き』の演技では恐ろしくて震えた経験がある。片岡さんに至っては芸人、プロボクサー、画家などありあまる才能の持ち主だし、しずちゃんも芸人、ボクサー、演技ではアカデミー賞にノミネートされるような作品に出るほどの個性がある。原作は福満しげゆきさんのコミックで読んでないのだけれどおもしろさは充分伝わってきた。

 

 

ネタバレ注意です。

舞台はなぞの街〈どうどう〉でちょっと漢字が分からなかった。作品中でよく「DODOニュース」みたいな報道番組が流れる。そこは無法地帯で商店街なんか不良やホームレスのたまり場になっていてシャッター商店街どころの騒ぎではない。東出さんが演じるのはコンビニ店員の中津でこのコンビニも商店街同様荒れている。大概嫌気がさしていて我慢の限界を越えたその日に窪田さんが演じる土志田に出会い、後をつけるとただ者ではなくてなんというか格闘技に優れ、自作の道具を使ってスパイダーマンのようになって、一見ヒーローに見えるのだけれど、実は下着ドロという裏の顔を持つ複雑な人なのだけれど、なぜか魅せられて、中津はこの汚れた街を掃除しようと声をかけ街の悪い奴をターゲットに自分達なりに罰を与える覆面ヒーローになってニュースにも出るようになる。そこでたまたま片岡さんが演じるオジサンにであったり、小松さんが演じる女子高生が訪ねてきたりしてチームになる。船越さんは最初どこに出ているか分からないほど役作りしているのでそれを探すのが楽しいと思う。

一応ヒーローものなのでアクションがなど見所が多い。無法地帯だから「○○魔」みたいなのがたくさん出てきて、そこの戦いもあってそれがまるで映画『ジェイソン対フレディ』みたいな雰囲気でヒーローの話じゃないんかいとつっこみどころもあっておもしろい。でもテーマはきちんとあって【生態系】が一番のテーマになっていると感じた。作品中の地元ニュースでもちょこちょこ外来生物について報道している。京都にも住んでいて一時期会いたくて探し回ったことを思い出した。最初、橋から見つけたときはカピパラがいる!と思ってびっくりした。けっこうかわいい(近くに寄って撮りました)。

f:id:mieeechan:20170729121142j:image