シングストリート 未来へのうた

映画『シング・ストリート 未来へのうた(2016年公開)』を観た。アイルランド・イギリス・アメリカ合作の映画で監督は『はじまりのうた』のジョン・カーニーだった。出演者はこの作品が初めてという若い俳優さんが多かった。主人公のコナーを演じたフェルディア・ウォルシュはアイルランド全土の数千人の中から選ばれている。俳優というのではなくこれまではソプラノのソリストとしてオペラ(モーツァルト魔笛』に出演)で活躍していて演技は初めてらしいのだけれど、とても自然でさわやかだった。他に『トランスフォーマー ロストエイジ』のジャック・レイナーが出演している。

ネタバレ注意です。

舞台は1985年アイルランド・ダブリンでコナーは家の事情で高校を転校させられる。兄や姉も思った進路に進めないでいる。コナーが転校した学校が荒れていて、変に校則が厳しくて、転校初日から同級生や教師からの嫌がらせを受ける。私も転校経験はあるけれどここまでひどい学校ではなかった。いつものようにトラブルがあって殴られたある日、学校の正面にたたずんでいる同い年ぐらいの女の子に一目惚れをして声をかけ、連絡先を聞くためにバンドのMVに出て欲しいと言ってしまう。そしてその日からバンドのメンバーを募って結成する。よくモテるために音楽やりはじめたという話をきくけれどまさにそんな感じだ。それからコナーは目標が定まって、学校での嫌なことが気にならなくなってくる。相変わらずトラブルは色々あるけれど。

この作品は監督のジョン・カーニーの自伝的なオリジナルの脚本が原作で世代問わず音楽が好きな人が共感できる場面がたくさんあると思う。自分も中学高校時代は一番音楽を聞いていてバンド組みたいとかギター弾きたいとか思ったり、他校の友人のライブを観に行ったりしていたのでそれを思い出した。コピーバンドをしている人が多かったのだけれど、映画の中のコナーのバンド『シング・ストリート』はオリジナル曲を演奏する。それが1980年代の曲っぽくて聴いたことないのにすんなり受け入れられるようなこだわった曲になっている。『ただ音楽が流れるだけではない、音楽を楽しむ映画』がコンセプトらしいのだけれど、演奏やMVを撮る場面がとてもキラキラしていてたしかに音楽って楽しいなと思った。もちろん、当時に流行ったザ・キュアーデュラン・デュラン、アーハ、ザ・クラッシュホール&オーツスパンダー・バレエザ・ジャムなどの曲が挿入されている。あまり詳しくないのだけれど、これは聴いたことがあるという曲がいくつかあって素直にいいなあと思った。1980年代の音楽を描いた作品なのだけれど1980年代のジャンルは違うけれど『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とか『恋しくて』とか『グレムリン』とかそういう当時の映画っぽい感じも出ていて映像も楽しめると思う。コナーの友情や恋愛を描いているように見えるけれど、実は音楽を一番教えてくれるのは兄のブレンダンで兄弟愛を表現したシーンが一番よかった。ブレンダンを演じたジャック・レイナーから目が離せなかった。