こだわり抜いた挽き立て打ち立て湯がき立て

最近、食べていなかったお蕎麦を食べてきた。関西はお蕎麦文化というようりうどん文化というの認識があるけれど、京都には意外とこだわった店が多い。滋賀はそばの産地でそば処なので、近い京都にいいお店があるのかもしれない。私が行って来たのは『蕎麦の実 よしむら』で『嵐山 よしむら』の五条にある支店だった。f:id:mieeechan:20170812111815j:image

f:id:mieeechan:20170812111822j:image

ここのお蕎麦が好きで北山にある『よしむら 北山楼』にランチにも行ったことがある。北山はテラス席があったりしてカフェ風な外観でかわいかったけれど、この五条店はちょっと高そうな居酒屋さんのような風貌で実際お酒(日本酒、ワインなど)やおつまみになりそうなメニューが多くて選ぶのが楽しい。

f:id:mieeechan:20170812111849j:image

f:id:mieeechan:20170812111938j:image

一階、二階と席があったけれど今回は二階の席を案内された。とてもシックな雰囲気だった。お酒も飲みたかったけれど、飲まない人と行ったので今回は冷たいお蕎麦とサイドメニューを少し注文してみた。お店で出してもらった蕎麦茶が香ばしくておいしかったので何とかお酒は我慢できた。

f:id:mieeechan:20170812111957j:image

f:id:mieeechan:20170812112015j:imagef:id:mieeechan:20170812112032j:imageまず出てきたのは『そばの実サラダ』で大根、レタス、そば粉を揚げたチップス、中に蕎麦がきが入っていた。和風ドレッシングとそばの実がトッピングでついていてお好みでかけながらたべた。食感が楽しめておいしかった。

次はさっきのサラダにも入っていた『蕎麦がき』。

f:id:mieeechan:20170812112053j:image

わさびとおだしで食べたけれど、もちもちで美味しい。シンプルなので麺で食べるより蕎麦の味が分かるかもしれない。

次に出てきたのは、最近出来たメニューの『そば粉仕立てのから揚げ』。

f:id:mieeechan:20170812112115j:image

下味醤油の鶏からだけれど、衣が竜田揚げとはぜんぜんちがう。基本なめらかで突然そばの実がでてきて、二種類のカリカリ感があっておいしかった。

最後はメインの『天ざるそば』が出てきた。注文時に麺の太さをどうするか聞かれた。

f:id:mieeechan:20170812112146j:image

f:id:mieeechan:20170812112212j:image

私は〈並〉という普通の太さにしたけれど、〈極太〉はきしめんぐらい〈細〉はそうめんぐらいになるようだ。ここのお店のコンセプトが【こだわり抜いた挽き立て打ち立て湯がきたて】なので出来ることだと思った。かなり歯ごたえがあったので、硬目が好きな人は〈極太〉がいいかもしれない。私は〈並〉でも充分硬さは味わえた。蕎麦の香りがふわっとして噛みごたえがあって本当に美味しい。

天ぷらは抹茶塩で食べた。

f:id:mieeechan:20170812112236j:image

エビ(2本)、万願寺とうがらし、しめじの天ぷらだった。さくさくでおいしい。前もうどん屋さんで揚げ物を食べて思ったけれど、どうしてこんなに麺専門店の揚げ物っておいしんだろう。いつも感心する。久しぶりに体に良さそうなそばづくし料理が食べられて満足した。