ヒトラーの忘れ物

映画『ヒトラーの忘れ物(2015年公開)』を観た。デンマーク・ドイツ合作の映画だった。監督はマーチン・ピーター・ザンドブリートで私はこの作品が初めてだった。戦争映画がちょっと苦手であまり詳しくないが、最近ヒトラーを題材にした映画が話題になっていることもあって関連の映画を観てみることにした。ヒトラーが出てくる映画では少し前に『帰ってきたヒトラー』を観た。現代にヒトラーがタイムスリップしてくる奇想天外な話だったので戦時中の様子ではなく人物像に焦点を当てた作品だった。コメディのようで最後まで観るとすごく怖い映画だった。

ネタバレ注意です。

この作品ではヒトラーは出てこない。舞台は1945年5月のドイツの占領から解放されたばかりのデンマークだった。終戦直後とあってデンマークには捕虜のドイツ兵がかなりいて、ドイツ兵が海岸に埋めた地雷の撤去の任務を命じられたドイツの少年兵とそれを指揮するデンマーク兵の軍曹カールの話だった。厳密に言えば戦争映画ではないのかもしれない。ドイツ兵が戦うのは主に地雷とデンマーク国民の偏見と差別だった。

なぜ少年兵がこの任務に選ばれたのかははっきり分からないけれど、かなり残酷に思えた。あえて地雷に関しては素人を選んでいる。あまり知っていると報復されるおそれがあったからだろうか。戦争はもちろん経験がないけれどいろいろ考えてしまい怖かった。任務の為の教育も本当の地雷を使っていて命がげだし、復讐かと思えるほどに厳しい。カールが任務についてからもドイツ兵は食事など制限されて暑さと体調不良の中、集中力を欠き事故が起こったりして、恐ろしくて途中何度も観るのをリタイアしそうになった。

カールは戦時中のことを考えてしまい最初はかなりドイツという国を嫌っていて指揮するのも嫌がっていたが、思った以上に幼い兵士があまりにも過酷な任務をさせられていることで悩み始める。命令を重視するのか人間としてどうあるべきかとの狭間で悩む姿が見ていて辛かった。
実話を元にした映画らしいが、捕虜といえばアウシュビッツを思い浮かべてしまい、逆にドイツ兵もかなり捕虜になってこのような任務で亡くなっていることはあまり知らなかった。最後まで観るのにかなり精神力がいるかも知れないけれど事実は事実として知っておいた方がいいと思った。