パーフェクトプロファイラー

映画『パーフェクトプロファイラー命がけの恋愛(2016年公開)』を観た。韓国映画だった。韓流ドラマも韓国映画にもうといけれど偶然観てすごくおもしろいと思う作品に出会うことがある。この作品もそうだ。自分の好みにも合っていた。

ネタバレ注意です。

舞台となったのは梨泰院(イテウォン)という町だった。ソウルの特別市龍山区にあるようだけれど行ったことがないのでちょっと分からないけれど作品で観るかぎり都会だった。主演のハ・ジウォンさんが演じたのはハン・ジェインという推理小説家だった。友達以上恋人未満の警察官のロクファン(チョン・ジョンミョン)といつも行動をともにしている。ハン・ジェインは職業病かもしれないけれど疑い深く事件にすぐ首をつっこみすぐ通報ししかも誤報が多いので〈イテウォンの迷惑女〉、狼少年的に呼ばれている。ある意味有名人だ。

米海外ドラマの『キャッスル』にちょっと似ている。このドラマも女性刑事と人気推理小説家がともに行動して事件解決をし、最初二人は何もなかったけれど最近のシリーズでは恋人関係に格上げされていた。違うところといえばハン・ジェインは五年間作品が書けていないところだ。後輩の女流作家からも少しバカにされて次こそはいい作品を書こうと思って題材をさがしている。ちょうどその時に指名手配犯に出会い、出会った場所で、スーツケースに入った女性の遺体を見つけて大騒ぎになる。町で最近起こっている連続殺人事件と関係があると思いこれを小説に書こうと思い調べる話だった。推理ものなのであまり内容にはふれられないけれど最後まではらはらしておもしろかった。怖さもあるけれど基本コメディなので楽しく観られると思う。あまり韓国の女優さんに詳しくないけれど主演のチョン・ジョンミョンさんがきれいでコメディエンヌとしても確立されていてすごくよかった。